【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.068
性別:女性
年齢:31歳
職業:専業主婦
体験:安眠、楽するべからず。


子供が生まれ生活環境が変化で肩・首こりに


毎日肩こりに悩まされている31歳専業主婦です。

枕は某ホームセンターで購入した普通の安いものを使っているのですが、何年も使っているせいで最近はどんどんぺちゃんこになってきてしまいました。

会社員をしていた7年前くらいから肩こりがひどかったのですが、そのせいで睡眠に支障が出始めたのは子供が生まれた3年前くらいかと思います。

眠りについてしまえば朝までぐっすり眠れるのですが、寝る前は肩・首が凝りすぎて気持ちが悪くなかなか寝付けず、朝は全身が固まっているようでだるいという症状に困っていました。


肩こりの原因は肩甲骨の筋肉?


そこで私が試してみた方法は、バンザイ就寝法です。

肩こりがひどい原因は主に肩甲骨の筋肉が固まっているから、という情報を耳にしたのをきっかけで思い付きました。

睡眠時の私は布団の中で猫のようにじぃーっと丸くなっているため、元々運動不足なのに寝ている間も、これではさらに肩甲骨は凝り固まる一方だと思ったのです。

それなら起きている間にストレッチなどをして筋肉をほぐせばよいのですが、自己流でやってみたものの、めんどくさがりで飽き性な性格のため3日も続かず挫折。

それなら寝ている間であれば辛くもないし続くのではないか?ストレッチもしつつ安眠、一石二鳥!と思い立ち、早速実践してみました。

方法は簡単。

就寝時仰向けのまま両手を頭の上にあげバンザイの姿勢をとるだけです。

これでさぞ肩甲骨が刺激され、明日からは快適なNO肩こりライフが待っているだろうと胸を高鳴らせて寝たのですが、

結果は、



全くの無意味。

バンザイするだけといえど、常に両腕を上げている姿勢は意外ときついもので、睡眠中無意識に手を下していました。

さらに不慣れな姿勢で寝たせいか、翌朝は二の腕あたりがパンパンに筋肉痛。

残ったのは相変わらずの肩こりと何の達成感もない筋肉痛、そして一体私は何をしているんだろうという虚しさだけでした。


バンザイ就寝法が解消の秘訣と考えたけど・・・


なぜこんな散々たる結果になってしまったのか。

それは単純に、両腕を上げるだけでは肩甲骨には何の影響もないからだと思います。

こんな私の滑稽な実験を一部始終見ていた主人に聞いたところ、筋肉は動かすのが大事なのであって、ただ一定の状態で居続けるだけでは、効果は得られないとのことでした。

「それなら呆れてないで早く教えてくれ夫よ・・・。」

結局私のひらめいたバンザイ就寝法は全く効果もなく、むしろ逆効果という結果に終わりました。

なので、今は素直に、時間が空いたときやお風呂上りに全身のストレッチをしています。

正直初めは、こんな楽しくも面白くないストレッチなんぞ絶対に続かないと宣言していました。

しかし、詳しい人にアドバイスをもらいながらきちんと正しい姿勢で行ったところ、全身がじわじわ伸びる感覚がとても気持ちよく感じました。

そして体を動かすことの爽快さに目覚め、早朝ジョギングも始めました。

ジョギングとは体力をつけるためだけのものだと思っていましたが、腕ふりを意識すると肩甲骨回りがほぐれる感覚があり、だいぶ肩こりが解消されました。

朝から運動しているため良い疲労感があり、夜は肩こりに悩む暇もなく、ぐっすりと眠れるようになりました。

まだ、小さい子供がいるため毎日は難しいのですが、できる範囲で続けていきたいと思っています。

やはり気持ちの良い安眠を手にするためには、適度な運動が一番だと今回身に染みて感じました。

ちなみに今気になっている肩こり解消グッズは「MAXかたお」です。

主人が仕事がら私以上に肩こり持ちなのですが、職場の方から評判を聞いて早速購入していました。

見た目はダンベルのような形で、それを仰向けになりながら肩や腰の下に当てるそうです。

軽く試してみたところ、ネーミング通りとっても固いので凝っているツボにぐーっと当たる感覚があり私には少し痛いくらいでした。

この商品には他にも「かたお」「やわこ」などシリーズがあるようなので、自分に合う固さの物を探してみようかなと思っています。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク