【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



突然ですが、

「あなたは硬い枕と柔らかい枕だと、どちらがお好みですか?」

枕には、昔ながらのそばがら枕や、あのNASAが開発した素材を使った低反発枕、ストローを集めたようなパイプ枕に、羽毛を使った羽根枕、などなど本当に枕の素材はたくさんあって、それぞれに硬さが違っているのです。

こんなにも種類があると、どれを選べば良いのか悩んでしまいますが、硬い枕と柔らかい枕は、そもそも好みで選んでしまっていいのでしょうか。

実は枕の硬さによっては寝心地だけでなく機能性にも影響してくるものがあるのです。

では、理想の硬さというのがあるのでしょうか、それともただの好みでしょうか。

そこで今回は、枕の硬さの理想を教えて!自分の好みで選んじゃダメなの?と題しまして、枕の硬さに関するお話しをしていきます。


枕の硬さは素材によってどれくらいの種類があるの?



枕の硬さは、枕の素材によって変わってきますが、実際にはどれくらいの種類があるのでしょうか。

前段でも少しお話ししましたが、改めまして柔らかい素材から順にご紹介していきます。

まずは柔らかい組としまして、羽毛で出来た羽根枕は抜群の柔らかさで、使っている羽毛の量にもよりますが、頭を乗せてもまったく反発がなくフンワリとしています。

それから柔らかい枕の代表とも言えるウレタンフォームを使った低反発枕があり、その名の通り反発が少ないため、ゆっくりと沈み込むのが特徴です。

他にも柔らかい枕としては、高反発枕がありましてウレタンやゴム素材など複数の素材を組み合わせたり、特殊な形状にすることで、柔らかいながらも低反発枕のような沈み込みを抑えています。

少し柔らかめの素材としましては、ポリエステル綿があり、いわゆる合成繊維で作られた素材で、一般的なクッションや枕に普通に使われている素材です。

次に、柔らかいけれど沈み込むことはなく、枕が高いと硬い枕という印象を持つかもしれませんが、硬めの素材としましては、パイプ枕があり、プラスチックのストローを細かく切って枕の中に入れたような素材です。

通気性は抜群ですが、プラスチックなだけに、今までお話ししました素材に比べますと、硬くてゴワゴワした印象を受けるかもしれません。

最後にお話ししますのは、そばがら枕です。

あの食べるソバの殻を使った天然素材で、通気性に優れ湿度を調整してくれる優秀な枕ではありますが、柔らかさは全くありません。

他にも枕の素材はありますが、とりあえずは主だった素材についてお話ししてみました。

柔らかい素材でも沈み込むかどうかで寝心地が変わるだけでなく後でお話しします機能性にも影響してきます。

では、枕には理想の硬さというものがあるのでしょうか。

それは次の項目で、枕の持っている機能性と絡めてお話ししていきます。

POINT
素材のそれぞれに硬さや通気性などのメリット・デメリットがある!


枕の硬さの理想は人によって違うの?



枕の素材によって硬さが変わってくることはお話ししましたが、枕には理想の硬さというものがあるのでしょうか。

結論から先に言いますと、枕の硬さの理想は人によって違ってくるのです。

では理想の高さが人によって違ってくる理由はなんでしょうか?

好み?寝心地?それもありますが、枕の持っている機能性が関わってくるのです。

枕はただ単に頭を置くだけのものではありません。

枕が変わっただけで眠れなくなってしまったり、身体の疲れが取れなかったり、最悪の場合には寝違えを起こしてしまったりしてしまいます。

ところが自分に合った理想の枕だと、睡眠の質が上がって安眠できたり、肩こりの解消に役立ったりするのです。

そんな機能性を発揮させる為には、枕の硬さが関係してきます。

要するに、硬い枕と柔らかい枕のそれぞれのメリット・デメリットが関係してくるというわけなのです。

では、硬い枕と柔らかい枕のメリット・デメリットにはどういったものがあるのでしょう。

枕が固いと寝返りが打ちやすくなるというメリットがあり、一方で首や肩に負担が掛かってしまうというデメリットがあります。

一方で柔らかい枕では首や肩に負担が掛からないメリットがありますが、頭が沈み込んでしまうと寝返りが打ちにくくなってしまうというデメリットがあるのです。

寝返りが打てないと首や肩の血行が悪くなり、肩こりになるリスクが上がるだけでなく、睡眠のサイクルも悪くなることがあります。

柔らかい枕を使っていて、朝起きた時に肩こりを感じる方は、寝返りがうまく打てていない可能性がありますので、寝返りが打ちやすい硬めの枕を選ぶと良いかもしれません。

その逆で硬めの枕を使っていて、朝起きた時に首に疲れを感じる方は、首に負担が掛かっている可能性がありますので、柔らかい枕を選ぶと良いかもしれません。

ここで注意点となりますが、硬い枕でもうまく首の負担を受けずに寝ている方もいれば、柔らかく沈み込む枕でも寝返りが当たり前に打てる方もいるわけです。

従って、そこには体型や横向き寝・仰向け寝といった姿勢も関係してくることから、本当に個人差としか言いようがありませんね・・・。

少し話が離れるかもしれませんが、服装を考えると、夏でも長袖にカーディガンを着る方もいれば、冬でも薄着で過ごす方もいるでしょう。

服装の違いは、(好みは別として)まさに個人差と考えますよね。

実は枕も同じなのです。

誰もが納得の快適な洋服・・・なんてものはないように、誰もが使える理想の枕というのもありえないということなのです。

では、自分の好みで枕の硬さを選んではダメなのでしょうか。

それは次の項目でお話ししていきます。

POINT
枕の硬さの理想はその人の状態によって変化するので一概に決められない!


枕の硬さは自分の好みで選んじゃダメなの?



枕の理想の硬さには個人差があり、人によって違うということをお話ししましたが、枕の硬さを自分の好みで選んではいけないのでしょうか。

答えになっていないでしょうが、枕の硬さを自分の好みで選ぶというのは良いとも悪いともいえません。

なぜなら、寝心地という点で考えてみると、使う方の好みが大きく反映されるからです。

当然ながら寝心地が悪いと感じたり、どこか落ち着かないと思えば、良い睡眠にはなりませんよね。

そう考えると、自分の好みで選ぶというのは悪いことではないのです。

その一方で、枕が自分に合っていない為に、首が痛くなったり肩こりが起きているのに、好きだからという理由で合わない枕を使い続けるのは、決して良いとは言えません。

そこは好みよりも身体に合わせた枕を選んだ方が良いと言えるでしょう。

つまり、自分に合った枕というのは、自分の身体に合った枕であり、自分の好みに合った枕ということなのです。

では、好みの硬さと身体に合った硬さが違う場合にはどうしたらいいでしょうか?

そんな場合には、枕の大きさや素材も合わせて、理想に近い枕を選ぶと良いでしょう。

具体例を挙げますと、柔らかい枕が好みではあるが、今使っている枕では頭が沈み込んでうまく寝返りが打てていないようだ、という場合を考えてみます。

そんな時には、柔らかいけれど沈み込まないポリエステル綿の枕や高反発枕を選ぶことで解決できるかもしれません。

逆に、硬い枕が好みではあるが、今の枕では首が痛くなるという場合には、枕の大きさを大きくして、枕と頭の触れ合う場所を大きくとることで負担が軽減されることがあります。

また、高反発枕は柔らかくても沈み込まないので、硬めの枕からでも比較的慣れやすいでしょう。

他にもたくさんの種類があり、枕の形状や素材を組み合わせることでメリット・デメリットを補いあい、理想の枕に近付けることができるでしょう。

POINT
自分の好みの硬さの中で素材を変更することは出来ると考えられる!


まとめ


枕の硬さの理想を教えて!自分の好みで選んじゃダメなの?をテーマに、枕の硬さについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

枕にはたくさんの種類があり、硬さだけでなく大きさや高さ、さらには素材まで考えるとなると悩んでしまうかもしれません。

自分に合った枕というのは、自分の身体だけでなく好みにも合った枕ということですので、難しく考えず、選べることを楽しんでみてください。

本当に素材に関しては近年では様々存在しています。

少し柔らかくとか、少し硬くというのも今では素材を変えることで可能になっていますので、一度考えてみるのもいいかもしれませんね!

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク