【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



枕を新しくしたら、何だか寝苦しくなってしまった・・・。

慣れるまでの辛抱なのか枕が合っていないのかそういう経験はありませんか?

枕が合っていないと、寝つきが悪くなるばかりか、最悪の場合には寝違えを起こしてしまうこともありますよね(汗)

初めから理想の高さが分かっていればいいのですが、それはちょっと無理な相談かも知れません。

なぜなら枕の理想の高さは、人によって違うからです。

人によって理想の枕が違っているということが、枕選びの難しい所ではありますが、自分にあった理想的な高さを知るにはどうしたら良いのでしょうか?

最近では枕をオーダーメイドしてくれるお店もありますが、こういった専門店でなければ、理想的な高さの枕は手に入らないのでしょうか?

実は自分に合った高さをある程度は測定することができるのです。

ただし、理由は後でお話ししますが、高さが測定できるだけでは、理想の枕の高さはやっぱり分からないのです。

なんだか枕選びが理想を追い求める探究者みたいに感じてきましたが、今回は、枕の高さの理想を教えて!自分で測定することは出来るの?をテーマに枕の高さについてお話ししていきます。


枕の高さの理想は人によって違うの?



まず、理想の枕の高さは人によって違うというのはお話ししましたが、どうして人によって理想の高さが違うのでしょうか。

「身体の大きさが違うから!」

それももちろん正解ですね。

たとえば身長が180cmの方と150cmの方では、理想の高さが違っても当然ですし、男性や女性、あるいは体格の差でも理想の高さは違ってくるでしょう。

とはいえ、身体の大きさで違ってくる高さは、ほんのわずかなものであり、1cm2cmの違いでしかありません。

ところがその1cm2cmが寝心地に影響してしまうのです。

さらにもっと違ってくるのが、仰向けに寝るのか、横向きに寝るのかの違いです。

この違いをざっくりと体感してもらうには、ご自身の手の平と腕の太さを比べてみることです。

例えば、こんな時をイメージしてみてください。

枕がなく横になる場合、仰向け寝のときは両手の平を頭の下に当てませんか?また、横向き寝の場合は、肘を曲げて腕を枕代わりにするでしょう?

それが仰向け寝と横向き寝での枕の高さの違いです。

つまり、両手の平を重ねた高さが仰向け寝での大体の枕の高さであり、腕の太さが横向き寝での大体の枕の高さなのです。

なお、大体の高さと表現しましたのは、腕枕と理想の枕の高さが同じではないからであって、あくまでも目安だということだからです。

では、両手の平を重ねた厚みと腕の太さを比べてみると、腕の方が太い場合がほとんどだと思います。

それだけ横向き寝の場合には、枕が高いほうが良いということなのです。

ちなみにですが、腕の太さにはかなりの個人差がありますので、場合によっては腕枕が理想の高さである可能性もあるでしょう。

ではその場合、枕を使わずに腕枕で寝ると良いのかと言いますと・・・、

短時間であればともかく、一晩中腕枕をすると、腕が頭の重みで圧迫されて、腕が痺れてしまったり、最悪の場合にはうっ血して内出血を起こしてしまう可能性があります。

また、腕枕では寝返りも打てませんので、肩こりや腰痛などの体調不良にも繋がりかねません。

少し横道に逸れてしまいましたが、理想の枕の高さというのは、身体の大きさや寝るときの体勢によって変わってきますので、人によって違ってきます。

要するに、理想の高さは何cmという風に決めてしまうことはできないのです。

では、自分にとっての理想の枕の高さはどれくらいでしょうか。

次の項目では自分にとっての理想の枕の高さについてお話ししていきます。

POINT
理想の枕の高さは同じ人でも変化するということを知っておこう!


自分にとっての理想の枕の高さはどれくらい?



理想の枕の高さは身体の大きさや、寝るときの体勢によって変わってくる為、その人その人によって理想の高さが違ってくることをお話ししましたが、自分にとっての理想の枕の高さはどれくらいなのでしょうか。

理想の枕の高さとは、まっすぐ立ったときの首の状態がそのまま寝ている時も同じになるような枕の高さです。

なかなか自分では首の角度は分かりにくいものがありますので、誰かに横から見てもらうのが良いのですが、誰もいないときには、アゴの位置で確認してみてください。

アゴの位置とはどういうことかと言いますと、立っている時と寝ている時のアゴの位置を比べてみて、アゴが上がっているなら枕が低く、アゴが引けているなら枕が高いのです。

付け加えておきますと、アゴの位置で判断できるのは仰向けで寝ている状態で、横向き寝の時にはアゴの位置では判断できません。

もっとも、横向きの場合には、床に対して頭が平行になる時が理想的な枕の高さで、頭が下を向くときには枕が低く、上を向くときは枕が高いと判断できるでしょう。

とは言え、仰向け寝か横向き寝か、どちらの高さを考えたらいいか分からない方もいるのではないでしょうか。

寝返りを打つので仰向け寝とも横向き寝とも分からない、というより意識をしたことがない、そのような方もいるでしょう。

そんな時には、寝入り端を考えてみてください。

人は寝てから45分以内に深い眠りに入った後、約90分周期で深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

ですから、初めの深い眠りにスムーズに入れるかどうかで睡眠の質も変わってくるのです。

その為、睡眠の途中を考えるのではなく、スムーズに深い眠りに入れるよう寝入り端で一番落ち着く体勢が、仰向けなのか横向きなのかで枕の高さも考えてみてください。

また、横向き寝の方になりますが、枕の下に手を入れて寝ている場合には、無意識のうちに枕が低いと身体が感じていますので、枕の高さを考えてみてはどうでしょうか。

では、自分にあった理想の高さを数字で表すことはできないのでしょうか。

ところが枕をインターネット通販などで購入する場合には、実際に寝てみることができませんので、何cmの枕を買えばいいのか悩ましいところです。

オーダー枕専門店などでは、横になっている状態で理想の枕の高さを測定してくれますが、同じように自宅でも理想の枕の高さを測ることができたら、枕選びもはかどるというものです。

そんな理想の枕の高さを調べる方法について、次の項目でお話ししていきます。

POINT
専門店で測定してもらうのが一番確実なのは確かでしょう!


理想の枕の高さを調べる方法を教えて!



理想の枕の高さは、立っているときと首の状態が同じであるとお話ししましたが、インターネット通販などで枕を購入しようとすると、何cmの枕を選べばいいのか、実物で試せないだけに迷ってしまいます。

そこで自分にあった理想の枕の高さを測定できないものでしょうか?

結論から言いますと、測定することは出来る!



のですが、あくまで高さの参考となるだけで、確実に理想の枕が手に入るというわけではないのです。

測定できるけれど参考にしかならないというのはどういうことなのか・・・そこはひとまず置いておきまして、自宅で理想の枕の高さを測定する方法からお話ししていきます。

まず測定そのものは簡単で、壁に軽く背中が付くようにまっすぐ立って、首と壁との隙間の距離を測定してください。

首は緩やかに曲がっていますので、壁との隙間が一番大きい所に定規を当てて測定するようにしてください。

ここで測定しました数字が、立っている時の首の位置であり、理想とする枕の高さというわけなのです。

前置きの割には簡単に理想の高さが分かるものだと思った方へ、現実はそんなに甘いものではありません。

前置きしましたとおり、あくまでもこの数字は参考にしかならないのです。

それはなぜかと言いますと、例えば測定した高さが5cmだったとしまして、厚みが5cmの枕を使えば理想の枕が・・・と思いきや、素材によっては頭を乗せたところが沈み込む為思っていた高さにはならないことがあるのです。

どの位沈み込むかは、実物を試してみなければ分かりませんし、沈み込むタイプのマットレスを使っている場合には、マットレスの沈み込みまで考えないと、理想的な高さにすることは出来ないのです。

ではこの高さの測定は、まったくの無意味かと言うと決してそうではありません。

ほとんど沈み込まない素材では参考になりますし、枕が低い分には上からタオルやカバーを敷くことで調整できますので、高さの上限と考えることができるでしょう。

POINT
自分で測定した高さをあくまでも目安として素材を加味しよう!


まとめ


枕の高さの理想を教えて!自分で測定することは出来るの?と題しまして、枕の理想的な高さについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

結局のところ、理想の高さは人それぞれで、枕の素材やマットレスの組み合わせによっても高さは変わってしまう為、理想の高さは何cmということは言えないのです。

ですから例えば、最近では玄関マットを折りたたんで、タオルで高さを調整することで自分にあった枕を作るという方法も各所で紹介されていますよね。

でも、実際は別に玄関マットにこだわらず、理想の高さの枕が手に入ればいいわけですので、やや低めの枕を購入してタオルや枕カバーで高さ調整をする方法でもいいわけです。

また、高反発枕などではある程度沈み込んで自然と高さ調整が出来てしまうこともあります。

高さだけにこだわらず、素材や大きさも枕選びには重要な要素ですので、色々な枕を試して自分に合った枕に出会ってください。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク