【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



一言で枕といっても、昔ながらのそばがら枕や綿枕、羽根枕に低反発枕に高反発枕と大変豊富になっています。

素材だけでも豊富なうえに、高さや大きさまで加わると、寝具の中でも一番バラエティーに富んでいるかもしれません。

選べるということは良いことなんでしょうが、種類が豊富にありすぎてどれを選んでいいのか見当もつかないなんてことありませんか?

さらには、枕が目の前にあればいいのですが、通信販売でしか手に入らない枕なんてのもあったりして、こうなると口コミを頼りにするしか・・・なんてなりますよね。

ですが、ちょっと待ってください!

枕にはちゃんと選ぶポイントがあるのです。

今や枕は機能性を持った寝具で、ただの頭を乗せるだけのものではありません。

自分に合った枕を選べば睡眠の質も向上するのです。

そこで今回は、枕の正しい選び方を教えて!失敗しないための注意点は?と題しまして、枕選びのポイントはお話ししていきます。


枕を選ぶ際に重要なポイントは?



枕って、ただ頭を乗せるだけだからと、簡単に選んでいませんか?

手触りが良いから、今使っているのと似ているから、そういう選び方では自分に合った枕には巡り会えません。

枕は睡眠の質を高める上で重要で、なにより1日の3分の1も枕に頭を乗せているのですから、枕選びがいかに大切か分かるのではないでしょうか。

そんな枕を選ぶ際に重要なポイントは・・・

ずばり!

『大きさ・硬さ・高さ・素材』です。

ですが、そもそも冒頭の「頭をのせるだけ」という考え方を持っている段階で、勘違いをしていて、枕というのは本来「首をのせるもの」という意味がありますので、注意してくださいね。

話を戻しまして・・・

枕の大きさは規格があって、ある程度種類が決まっているようなのですが、細かいことを抜きにして、自分の肩幅より広いサイズがいいか、狭いサイズがいいかです。

枕が大きいと寝返りが打ちやすくなりますし、小さ目の枕の方が通気性がよくなります。

硬さも選ぶポイントとしては重要で、羽根枕のようにふんわりと柔らかい枕から、そばがら枕のようにがちがちの硬い枕まで様々あります。

硬いほど寝返りが打ちやすくなるのですが、高さが合わないときには寝違えを起こしやすくなってしまうデメリットもあります。

そんな高さが合わないデメリットがあることで分かるように、高さも枕選びに重要なポイントです。

枕が高すぎても低すぎても首に負担が掛かってしまいますし、何よりも寝心地に関わってきますので、まず寝てみた時に確かめるのが枕の高さではないでしょうか。

大体のところ、まっすぐ立っている時と寝ている時の首の角度が同じになるような高さが理想的な枕の高さです。

高さで迷ってしまったら、低い場合は枕カバーやタオルを敷くことで調節できますので、高めよりも低めの高さで選ぶのも手でしょう。

そして最後のポイントが素材です。

枕の素材といえば、すっかりおなじみになったNASA開発といわれる低反発枕のウレタンフォームから、昔ながらのそばがら枕、通気性の良いパイプ枕や、マイクロビーズを使ったビーズ枕まで、まだまだたくさんの素材が枕に使われています。

この素材については、素材だけで選ぶのはもちろん、大きさや高さなどと組み合わせて考えることも必要です。

例えば、肩幅より広めの大きな枕は、夏場に肩周りが蒸れて暑いことがあるのですが、通気性のいいパイプ素材の枕を使えば、蒸れる心配はありません。

さらに例を挙げますと、高さがある枕でもウレタンのように沈み込む素材であれば、高さを感じない場合もあるように、形状の短所を素材が補ってくれる組み合わせがあるのです。

そして何より重要なのは、自分にあった大きさ・硬さ・高さ・素材を選ぶということです。

そうなると、ますます枕選びが分からなくなってしまったという方の為に、次の項目ではパターンにそって、ある程度の独断と偏見を加えた枕選び方はコレ!をお話ししていきます。

POINT
大きさ・硬さ・高さ・素材を基準に自分に合う枕を探そう


枕の正しい選び方はコレ!



枕選びのポイントは、大きさ・硬さ・高さ・素材がポイントではありますが、何より自分にあった枕を選ぶことです。

自分に合った枕とは、高さや大きさを身体に合わせるということはもちろん、仰向けに寝るのか横向きに寝るのか、硬い方がいいのか柔らかい方がいいのか、通気性がいいのか保温性がいいのか、ライフスタイルや寝方によっても選ぶ枕が変わってくるのです。

ですから、どんな枕を探しているかをハッキリさせておかないと、自分に合った枕がどういったものか分からなくなってしまうのです。

多少独断と偏見を含み、異論は認めるのですが、あくまでも参考となりますように、パターンごとにどのような枕を選んだらいいのかご紹介していきます。

イビキに悩んでいる方

まずは、イビキに悩まされている方の場合です。

イビキは寝ているときに、舌が喉の奥に落ち込むことで、空気の通り道である気道が狭くなってしまうことで起きる症状です。

単にうるさいというだけでなく、睡眠の質が下がってしまったり、睡眠時無呼吸症候群へと繋がる可能性もある嫌なものなのです。

そんなイビキの解消としては、シンプルに横向き寝にすることで、舌が喉の奥に落ち込まなくなるのでイビキを防ぐことができるのです。

そんな横向き寝の場合には、横向き専用の枕や、いっそ抱き枕という選択肢がありますし、普通の枕を選ぶにしても横向きと仰向けだと横向きの方が肩の分だけ高めの枕にした方が良いでしょう。

肩こりに悩まされている方

次は肩こりに悩まされている方の場合です。

肩こりについては、長時間同じ姿勢を続けることで起きてしまう可能性が上がってしまいます。

朝起きた時に、肩が痛かったり重かったりする方は、うまく寝返りを打てずに、ずっと同じ体勢で寝ている可能性があります。

寝返りが打ちやすくなる枕としては、肩幅よりも大きくて、頭が沈み込まない硬めの枕が良いでしょう。

硬い枕だと寝付けないという方は、柔らかいのに頭が沈み込まない高反発枕を選ぶと良いでしょう。

寝汗を多く掻く方

そして寝汗が多く、頭が蒸れて寝苦しい方の場合です。

扇風機やエアコンをつけて寝ると、身体や肩が冷えてしまって、頭が痛くなったり肩こりになってしまうこともあります。

そばがら枕なら通気性が良く、湿気も吸着してくれるので、快適に寝れるようになるでしょう。

ただし、

そばがら枕は硬い為、硬い枕が苦手な方には羽根枕をお勧めします。

また、たくさんの短いストローのようなものが入っているパイプ枕なら、抜群の通気性があります。

このパイプ枕はプラスチック素材ですから、吸湿性はないのですが、洗濯機で丸洗いが出来るという、そばがら枕にも羽根枕にもないメリットを持っています。

逆に冷え症で、肩が寒いと感じている場合には、保温性のある大き目サイズの羽根枕をお勧めします。

このように、枕に求める内容によって、枕選びも変わってくるのです。

では、そんな枕選びに失敗しないための注意点は何でしょうか。

それは次の項目にてお話ししていきます。

POINT
枕を変えてどうしたいのかハッキリとした理由を考えよう!


枕選びに失敗しないための注意点は?



枕選びのポイントは、自分に合った枕を選ぶことが一番であり、自分に合ったとは身体のサイズだけでなく、イビキであるとか肩こりであるとか、枕に求める機能性も含めて選ぶことです。

これが、正しい枕選びだというお話をしたのですが、枕選びに失敗しないための注意点は何でしょうか。

それは抽象的な口コミや広告を鵜呑みにしないということです。

例えばですが、『最高の寝心地』と書いてあったとしても、寝心地は本当に人それぞれですから、自分に当てはまるかは分からないということです。

他にも『肩こりが治った』なんて口コミがあったとしても、詳しい状況が分からなければ、本当に枕が良かったのか、あるいはたまたまなのか分かりませんよね。

一番は実際に枕で寝てみることなのですが、高反発枕など一部の枕はまだまだ取扱いが限られていますし、通販限定商品もあります。

ネット通販などでは実物を見ることもできないわけですから、口コミで選んでしまいがちになるのも仕方がないことかもしれません。

それがダメとは言いませんが、失敗しない為には、口コミを信じるよりも、自分が求めている枕と条件的に合っているのか判断する方が良いでしょう。

とあるサイトでは枕のお試し期間を設けているところもありますので、そういうところを利用することで失敗を回避することができるかもしれません。

失敗も枕選びの楽しみのひとつ、と割り切れば良いのですが、お高い枕になりますと簡単に割り切れるものではありませんよね。

POINT
明確な枕選びの軸を持つことで騙される可能性は低くなる!


まとめ


枕の正しい選び方を教えて!失敗しないための注意点は?と題しまして、枕選びのお話をしてきましたが、いかがでしたか。

自分にあった枕が一番なのですが、これがなかなか難しく、かくいう私もネット通販で失敗した経験があります。

まあ、通販限定の正規品が高かったので、同じ会社が作っているであろう別の商品を購入したところ、あまり良い商品ではなかったという失敗するべくした失敗ですが・・・。

とにかく失敗しないためには、どのような枕を求めるのかをきちんと整理することです。

インターネットの情報では、仰向け寝が良い、横向き寝が良いとまったく正反対の情報も当たり前にあふれかえっています。

その中から取捨選択するためには自分自身に当てはめてみて考えてみることです。

今回の記事が皆様の枕選びの参考になれば幸いです。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク