【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



腕が上げられなくなって、髪を整えたり、着替える時に袖に腕が通せなくなったり、女性だとブラジャーのホックを留めるのに背中に手を回せなくなったり、そんな経験はありませんか?

どうして腕を上げられないのか、それには二つありまして、一つは痛くて上げられないもう一つは動かないから上げられないというものです。

大体、腕を上げると痛みが出ることから始まって、痛みがあるから腕を上げなくなって、すると痛みが弱くなったのに、今度は腕が上げられないようになってしまうという流れが多いようです。

着替える、洗濯物を干す、吊り革につかまる、窓を拭く、腕を上げる動作は日常生活には色々とあるのですが、これらができなくなると不自由ですね。

この症状の正体は・・・実は俗に四十肩・五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎が原因です。

肩関節周囲炎は、その名前の通り肩の周りが炎症を起こしてしまう病気で、四十代から五十代に多く見られるようになる為、四十肩・五十肩と呼ばれているのです。

肩関節の骨が変形し、それが原因で肩関節の周りの組織が炎症を起こすと考えられていて、いわゆる老化現象の一つなのですが、ハッキリとした原因は分かっていないのですが、運動不足や姿勢の悪化からか若い人にも見られることがあるのです。

今回は、そんな四十肩・五十肩について、症状や対処法をお話ししていきます。


四十肩・五十肩は肩に力を入れられないの?



腕を上げると痛みが走り、何だか力も入れられないけど、これって四十肩・五十肩なの?

実は四十肩・五十肩と症状が似ているけれど、原因や対処法が異なってくる場合があるのです。

肩を動かすと痛みが走り、力が入らない症状は肩腱板断裂の可能性があります。

腱板(けんばん)というのは肩を安定させて動かしやすくする腱で、腱が老化により弱くなってしまったり、過度の運動や事故などで切れてしまうことがあります。

切れてしまった腱は自然にくっつくということはありませんので病院での治療が必要となりますが、基本的には残っている腱を温存し強くするようにすることになるでしょう。

完全に断裂している場合には、手術により腱の縫合を行います。

一方で、四十肩・五十肩は正式な病名を肩関節周囲炎といい、その名の通り肩の周りの組織が炎症を起こしたことで痛みを感じるものなので、肩腱板断裂とは全く違います。

肩腱板断裂と四十肩・五十肩は症状が似ているだけに、見分けるポイントはどこにあるのでしょう。

四十肩・五十肩では腕を動かしたとしても、ある一定の範囲までは痛みがなく動かすことができ、動かせる範囲を超えると途端に鈍痛が走ります。

一方、肩腱板断裂では動かし始めから痛みが走り、動かせる範囲が狭くなってしまうことはなく、痛みさえ我慢できるのならば、腕を上げることもできます。

つまり、腕を上げられないのが四十肩・五十肩で、腕を上げられるのが肩腱板断裂ということなのです。

さらに四十肩・五十肩の特徴としては、痛みが弱くなってからも腕を上げられない状況が続き、場合によっては動かせる範囲がより狭くなってしまうことがあります。

「この動かせる範囲が狭くなってしまう理由は何なのでしょうか?」

肩には関節を動かしやすくする為の滑液が入った袋がありまして、肩を動かさないでいるとこの袋が癒着してしまうことで肩関節が動かせなくなってしまうのです。

この肩関節の動かせる範囲が狭くなってしまうことは、四十肩・五十肩の特徴なので、肩腱板断裂との見分けにもなるでしょう。

では四十肩・五十肩だと分かったとして、対処法としてはどうしたら良いのでしょう。

肩こりと同様に湿布を貼ったとして効果のほどはどうなのでしょう?四十肩・五十肩の場合に湿布の必要性については、次の項目でお話ししていきます。

POINT
肩腱板断裂との違いを確認する必要がある!


四十肩・五十肩の場合に湿布は必要?



四十肩・五十肩と似たような症状の肩腱板断裂という症状があり、見分け方についてもお話ししましたが、四十肩・五十肩の場合の対処法、特に湿布というのは効果があるのでしょうか。

いきなり結論から言いますと、四十肩・五十肩に湿布は効果的です。

ただし、どんな湿布でも効果があるかというとそうではなく、症状に応じて湿布の種類を考えなければ効果は望めません。

ではどういう湿布を選べば良いのでしょう?

まずは四十肩・五十肩の症状が出始めたばかりの強い痛みを感じる時です。

この時は強い炎症を起こしているときなので、炎症を抑えてくれる非ステロイド性消炎鎮痛剤の入った湿布であれば効果が期待できるでしょう。

非ステロイド性消炎鎮痛剤と言われても分からないという方は、私も含めて多いでしょうから具体的に言いますと・・・、

ロキソニンやフェルビナクあるいはインドメタシンなどが非ステロイド性消炎鎮痛剤で、簡単に言うといわゆる痛み止めなのです。

痛みが強い時には、温めると痛みが強くなることがありますので、温熱タイプの湿布は避けた方が良いでしょう。

冷やすと痛みが和らぐことが多いので、冷感シートを貼ってはどうかと考えてしまいます人がいます。

しかし、冷感シートは表面的には冷たく感じていますが、実際にはさほど冷たくなっているわけではありませんので、冷感シートを貼るのであれば氷などで冷やした方が効果は高いでしょう。

痛みのピークは人によってまちまちですが、おおむね二週間ほどであり、痛みが治まってきたら少しずつ肩を動かして肩関節が癒着しないようにします。

なるべく肩を上げないように肩周辺の筋肉トレーニングを行うことで、肩の動きが狭くならないようにするとともに、治る期間を縮めることが出来るでしょう。

また、炎症が治まった後からは、温熱療法として温めて血行を良くすることも行い、使用する湿布についても温熱タイプの湿布で効果がみられるようになるでしょう。

四十肩・五十肩の時の湿布については、初めの炎症がひどい時には痛み止めの湿布を使い、炎症が治まってからは温熱タイプの湿布を使うように、使い分けることで効果を高めることが出来るのです。

では、四十肩・五十肩の治し方はどうなっているのでしょうか。

そもそも治らないものだという話を聞いたことのある人もいるかもしれませんが、そんな四十肩・五十肩の治し方については次の項目でお話ししていきます。

POINT
湿布を痛み止め・温熱タイプ使い分けて使用することが大事。


四十肩・五十肩を治す方法はあるの?



四十肩・五十肩を治す方法はあるのでしょうか?

一度四十肩・五十肩になってしまうと、完全には治らないという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

実際のところはどうなのか、まずは四十肩・五十肩の症状の経過についてお話しします。

四十肩・五十肩になると、腕を動かすと肩に強い鈍痛が走るようになり、痛みのピークは二週間ほどですが、痛みの為に腕を直角以上に上げたり、背中側に腕を回すことが難しくなります。

その後、痛みは落ちつくのですが、肩関節がうまく動かせない状態が続き、半年ほど経過したのちに回復に向かいます。

つまり、四十肩・五十肩は長い期間が必要ではありますが自然に治るものなのです。

ただし、四十肩・五十肩が発症する前の状態までの回復まではいかず、腕を動かせる範囲が発症前までは回復しないことがあるようです。

関節の可動範囲が狭くなるのは、前の項目でお話ししました関節を動かしやすくする為の袋が癒着してしまっていることが原因です。

四十肩・五十肩が治ったのに肩の動きが悪いままなのは、関節を動かしやすくする袋が癒着し、つまりくっついたままになってしまっているからです。

四十肩・五十肩は、自然に治る病気でありながら、治らないと言われているのには、この肩関節がくっついたままになっていることがあるからなのです。

では、肩関節がくっつかないようにするのはどうしたら良いのでしょう。

それは二週間ほどの痛みのピークを過ぎたときから、肩を動かすようにしてくっつかないようにリハビリをする必要があるのです。

では、すでにくっついてしまった肩関節は治せないのでしょうか。

そんなことはなく、治療法は二つあります。

ひとつは麻酔をかけて力ずくで引きはがす方法もうひとつは手術による方法です。

このように、四十肩・五十肩は治せないものではありませんが、治るまでに少なくとも半年、長くて二年はかかりますので、じっくりと向き合ってください。

POINT
四十肩・五十肩は治すことが出来るけど時間をかける必要がある。


まとめ


腕を上げたり髪を整えられず上着の袖に通せない症状は?と題しまして、四十肩・五十肩についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

四十肩・五十肩は自然に治る病気ではありますが、少なくとも半年から長いと二年はかかってしまいます。

リハビリや肩に負担が掛からないような生活習慣の見直しも必要となってくるかもしれません。

肩関節の癒着さえ気を付けていれば、治らない病気ではありませんので、自分にあったかかりつけ医を見つけて、じっくりと向かい合ってください。

本当に一度経験するとわかりますが、辛いです・・・

眠いけどどの体勢にしても痛い・・・、どうしようも出来ない感じはもう経験したくないと思っています。

老化とともに仕方が無いことかもしれませんが、日々の生活で予防できると良いですね!

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク