【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



あるある体験談:NO.053
性別:男性
年齢:32歳
職業:IT関係
体験:睡眠中の姿勢で起こる首や肩の痛みを解消したい!


体型で最適な枕の高さに変化が起きて


私は現在32歳の男性で、インターネット関係のデスクワークの仕事をしています。

今までは枕や寝具に関して特にこだわりはなく、普通に生活をしていたのですが、最近は睡眠に関する悩みを抱えてしまっています。

その悩みの大きな部分を占めるのが、朝起きると肩こりや首こりを感じることです。

常に寝違いに近い感じで、首や肩に痛みを感じており、日常生活で疲れを感じてしまうことが多々あります。

このような症状に悩ませられはじめたのは、1年以上前からになります。

元から少し太めの体系で、体重が増加したこともあり、横を向いて寝るときに、体の厚みを感じるようになりました。

そして、それに合わせて、少し高さのある枕を用意して寝ていたのですが、高さのある枕の場合どうしても上を向いて寝たときには少し苦しさを感じることがありました。

しかし、奇跡的にジャストフィットする枕が見つかり、その枕を使用し睡眠をしていました。


仰向けの睡眠時間が長いと聞きそれに合う枕を試し


ところが、一年前から生活様式が変わり、今までは一般的なマットレスのベッドで、睡眠を取っていたところを、布団での睡眠に変える必要を余儀なくされました。

そして、布団で寝始めてから肩こり・首こり・寝違えような症状に悩まさせることとなりました。

今までのベッドと布団の違いを考えますと、ベッドでは下に弾力性があり、体を包んでくれていた感じがありました。

しかし、布団に変えたことにより、下に硬さが出てしまい、今まで吸収されていた負荷が吸収されなくなり、肩や首の痛みとなって出ているのだと考えました。

生活スペースの都合上、以前のようにベッドの生活に戻るわけにもいきませんし、マットレスを下に敷くという選択肢も取れませんでしたので、枕を変更することにより、この問題を解決することになりました。

まずは、高さのある枕が首に負担をかけていると思い、単純に小さくて低い枕に変えてみました。

以前テレビで、「人は寝ているときには上を向いている時間が一番長い」と聞いていました。

そのため、この枕であれば、上向きで寝ているときの首の負担は低くなり、起きたときの肩、首の痛みが軽減されるのでは、と期待をしてました。

しかし・・・

思いのほか効果がありませんでした・・・。

また、私は上向きで寝ると金縛りに良く合う体質のため、寝入るまでは、横向きで布団に入ることが多いのです。

そして、寝入るまでの横向きの時には、低い枕では、肩幅の分だけ首が傾いて、伸びている状態になっているため、しっくり来ることがなく、寝つきが悪くなるという問題もありました。

結局、この枕を使っていたときには、枕にタオルを挟んだり、一部折り曲げて高さを出したりと、工夫をして寝ていましたが、あまり症状が改善されることはありませんでした。


昔違和感がなかった形状の枕を試してみることに


次に使ってみたのが、ウェーブ・波形タイプの低反発枕でした。

高さの違う波が2つ付いていて、首元がフィットする形の枕でしたので、首周りが安定して、問題が解決するのでは、と期待して使用を始めました。

実は以前にもこのタイプの枕は利用したことがあり、当時はそれほど睡眠にはこだわりや困ったことがなかったのですが、それなりに快適だった印象があるため、これで大丈夫かな、と思いました。

しかし・・・

こちらに関しても症状が改善されることはありませんでした。

山が少し高かったのと、低反発が思いの他、硬かったのもあり、逆にかなり肩と首のこりが悪化してしまう結果となりました。

それでも現在は、折角購入したウェーブ・波形タイプの低反発枕が、このまま使われなくなってしまうのは悔しいので、とりあえず使用を続けています。

使用することで低反発部分が柔らかくなり、最適なフィッティングにならないかと思い、しっくり来ないながらも、淡い期待を込めて使っています。

このような形で私の枕奮闘は、まだまだ続いていくことになります。

枕というのは本当に自分に合ったものを探すのが難しいアイテムなのだと改めて思うこととなりました。

まだ挑戦をしたことがないのですが、よく街中などでオーダーメイドの枕を作ってくれる枕専門店などのサービスもあります。

そちらのサービスを利用して、世界に一つだけの自分に合った枕を作って、試してみるのも興味がありますので、機会があれば挑戦をしてみたいと思います。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク