【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク



あるある体験談:NO.050
性別:男性
年齢:41歳
職業:会社員
体験:良い枕を探して何年もさまよっています。


頭の高さ調整のために複数枕を使用


41歳の会社員で、こだわっているメーカーの枕は特にありませんが、頭の高さの調整のために複数の枕を利用しています。

その時々に応じて、枕の個数を調整しています。

そして、枕はやわらかい枕ではなく、蕎麦ガラ入りの硬い枕を利用することに、こだわっています。

やわらかい枕だと、頭が沈んでしまい、気持ち悪くなってしまうことがあったので、それ以降使用することに抵抗があります。

いつ頃から睡眠に関する悩みをお持ち始めたかというと、20代のころからずっと睡眠に関する悩みをもっています。

もしかすると、10代のときからかもしれませんが、その悩みは、40代になった今でも、ずっと持ち続けています。

今後もこの悩みとずっと付き合っていくのだと思っていますし、もしかしたら一生涯この問題とはつきあっていくのかもしれませんね・・・


枕の高さが合わないと夜中目が覚めてしまい


どのような悩みかというと、頭の高さが少しでも合わなかったりすると、夜中に目が覚めたり首が痛くなったり肩が痛くなったりします。

特に肩こりがひどく、睡眠で発生した肩こりの解消のためにマッサージ屋に行ったり、ストレッチ屋に行ったりしています。

そして、根本的な解決が出来ないまま今に至っています。

また、昔は夜中に目が覚めることはなかったのですが、最近は2~3時ぐらいに一回目が覚めてしまいます。

そのかわり、2度寝をするとそちらの方が安眠できる確率は高いということに最近気づき始めました。

そして、これは昔からですが、夜中3~4時におきてしまうと、次の日の朝まで眠気を引きずることが多いです。


安眠を目指し枕・マットレスを買い替えることに


このような状況を打開しようと思ったのですが、何から手をつければいいのかわからず、手っ取り早く思いつく枕から変えてみようと考えました。

そして、安眠枕など市販されている枕を買って、試したりしましたが、もともと三半規管が強くなく、頭の位置が低くなる枕を使うと気持ち悪くなってしまいます。

そのため結局、複数の硬い枕(特に蕎麦ガラが入っている硬い枕)を何個か使用して頭の高さを調整しています。

また、肩こり対策として、マットレスを交換したりもしました。

布団に関しても、やわらかいマットレスより、硬い布団の方が私には合っているようです。

やわらかいマットレスを利用すると、肩こりや首痛が特にひどくなる感じがします。

さらに、睡眠導入剤を利用してすぐに眠りにつくようにしています。

最初のうちは気持ちよく睡眠がとれていたのですが、慣れてくると効果が薄くなってしまうようで、かと言って量を増やすと何だか怖いので、どうしようかと悩んでしまっています。

だけど、安易に量を増やしても依存性を高めるだけなので、医師から言われた量をきちんと守って服用しています。

今のところ、良くなったり、悪くなったりを繰り返しています。

365日のうち、安眠できる日は1/10程度だと思います。    


肩・首・腰の痛みは寝る時の姿勢が原因?


なんでこれくらいしか安眠できないのか、私なりに考えて見たのですが、気が張っていたり何かを考えながら眠りにつくとすぐに目が覚めてしまう気がします。

また、枕の高さを高くしすぎても、首の痛みや肩の痛み、ひいては腰の痛みにつながっていくような気がします。

これらを勘案して、現在私がとっている対策としては、固いマットレスを利用して硬い枕を一つだけにする努力をしています。

また、睡眠に入るときには、何も考えないようにして、寝る直前にipadなど、液晶の明るいものをみないようにしています。

そして、30分ほど暗い状況のままで、ぼーっとして眠りにつくのが一番安眠に近づくのではないかと思っています。

肩こりや、首の痛み、腰の痛みについては、眠りに入る最初の体のポジションですべてが決まります。

抱き枕などを利用して、体を横にして眠ると、それぞれの痛みが軽減されるような気がしますので今後の課題です。

【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク