【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



咳やくしゃみをした時に、肩や腕にピリピリとしびれや痛みを感じてしまう、そんな症状を経験したことはありますか?

咳やくしゃみは身体への反動も大きく、咳が止まらなくて腹筋が筋肉痛になってしまったり、くしゃみで肋骨が折れてしまうこともあるくらいです。

けれど、そんな身体への反動ではなく、直接関係なさそうな肩や腕にしびれが走り、それも片側だけだったりすると、「なにか良くない病気が隠れているのでは?」、っと心配になったりもしますよね。

この場合に考えられることは2つで、一つはひどい肩こりの場合ともう一つは頸椎椎間板ヘルニアの疑いがある場合です。

肩こりでしたら、良くはないけれど一安心と言ったところでしょうか、頸椎椎間板ヘルニアでしたら、きっと不安になってしまうことでしょう。

ですが、頸椎椎間板ヘルニアであっても、手術が必要な場合は少なく、ほとんどの場合が手術以外の対処法で治まってくれるのです。

とはいえ、頸椎椎間板ヘルニアは、ひどい肩こりと症状が似ていたり、他にも咳やくしゃみで片側の方が痛む病気があったりする為、見分け方も重要なポイントとなってくるのです。

そこで今回は、咳やくしゃみで片側の肩から腕に電流のような痛みが出る症状は?をテーマに、電流のような痛みの正体と、頸椎椎間板ヘルニアについてお話ししていきます。


どういう状態になっているのか?なんで電流が走るの?



肩や腕に電流が走るなんて、身体はどのような状態になっているのでしょうか?

簡単にいいますと、首の神経が何らかの原因によって刺激され、電流が走ったように感じているだけで、実際に電流が走っているわけではありません。

問題は、何らかの原因が何かということですが、単にひどい肩こりの場合であれば、固まった筋肉によって神経が刺激されたり、疲労物質が溜まってしまうことで神経がしびれを感じてしまうのです。

ところが問題となるのは、頸椎椎間板ヘルニアの場合で、飛び出した椎間板が咳やくしゃみの反動で神経に当たり、神経が電流のような痺れを感じてしまうのです。

ここで質問ですが、『椎間板』とは何かわかりますか?

椎間板とは、骨と骨の間にあるクッション材のようなもので、骨と骨がぶつからないように守ってくれているものです。

ところが骨の変形や無理な姿勢などによって、椎間板が骨の間から押し出されてしまうことがあるのです。

多少押し出されただけであれば珍しいことではないのですが、押し出された椎間板が神経に当たってしまうと、柔らかい椎間板では神経が傷つくまではいかないものの、電流のような刺激を感じてしまうのが、椎間板ヘルニアのメカニズムなのです。

では、首の神経が刺激されているのに、肩や腕に電流が走るのはなぜでしょう?

それは、肩や腕の神経も、首から背中を通る脊髄から枝分かれして伸びている為、大本である首の神経が刺激されることで、その首の神経の先にある肩や腕に電流が流れたように感じてしまうのです。

では、片側だけに電流が走ったように感じるのはどうしてだと思いますか?

それは押し出された椎間板が、右か左か片側にだけ飛び出して、片側の神経を刺激しているため片側にだけ電流が走ったように感じてしまうのです。

ですから、両側の神経を刺激するほど椎間板が飛び出していれば、両側に電流が走るわけなのですが、実際には素人目では椎間板が飛び出しているのかどうか分からない程度がほとんどなので、片側だけに症状が出ることが多くなっています。

POINT
神経が何らかの原因で刺激されることでしびれが発生してしまう。


頸椎椎間板ヘルニアは見分けるのが難しい?



頸椎椎間板ヘルニアにより、椎間板が飛び出して神経に当たり刺激している為に、腕や肩に電流が走っているように感じるとお話ししましたが、腕や肩に電流が走る症状があればすべて頸椎椎間板ヘルニアなのでしょうか?

前の項目でもお話ししましたが、ひどい肩こりでも電流が走るような刺激を感じることがありますし、胸郭出口症候群・手根管症候群・肘部管症候群など電流のようなしびれを感じる症状の病気はいくつかあるのです。

では、頸椎椎間板ヘルニアと他の症状を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。

頚椎椎間板ヘルニアの特徴は、肩や腕にしびれがあるのに対し、不調の原因は首にあることです。

首を後ろに反らせたり横に傾けた時に、痛みやしびれが強くなるようでしたら、頸椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

また、どこがしびれるかによって、ある程度の不調の場所が特定できて、例えば指先だけがしびれる場合には手首に原因があると考えられます。

指先から肘までがしびれる場合には肘、指先から上腕までしびれる場合には肩、指先から肩までしびれる場合には首というように、原因となる場所を考えることができるのです。

また、それぞれの症状によって特徴があり見分け方があります。

手根管症候群であれば手首を直角に曲げてしばらくすると症状が強くなりますし、肘部管症候群であれば、肘の内側を軽く叩くと響くようにしびれがきます。

さらに、胸郭出口症候群であれば鎖骨の上にあるくぼみを押すとしびれが強くなりますので、それぞれ判別ができるのです。

とはいえ、確実に見分けるには整形外科で診察してもらうのが一番です。

椎間板はレントゲンに写りませんので、MRI検査のできる病院を受診してください。

また、咳をした時に片側の肩が痛むときには、肺がんの可能性も否定できませんので注意してください。

肺がんの痛みは電流のようなものではないので、今回は肺がんの可能性は低いと考えられるのですが、痛みの感じ方には個人差がありますので完全には否定できないのです。

POINT
しびれる箇所によってある程度特定することは可能と言える!


頸椎椎間板ヘルニアに対処する対策のポイントを教えて!



頚椎椎間板ヘルニアと他の病気との見分け方についてお話ししましたが、実際に頸椎椎間板ヘルニアだった場合には対処法はどうしたら良いのでしょう。

当然のことながら、病院に行くというのが最善ではあるのですが、椎間板が明確に神経を圧迫し、症状も強いという場合でなければ、安静にするだけで特別な治療は必要ありません。

安静とはどういうことかと言いますと、首を後や横に反らした場合に症状が出るのであれば、後や横に反らさないようにするということです。

症状によっては痛み止めや、ブロック注射などで痛みを抑えたり、牽引療法という首を引っ張って椎間板を押さえないようにする治療法、または運動療法などの治療を行います。

大抵の場合は症状が抑えられるのですが、症状が良くならず、腕や足の力が衰えていったり、歩けなくなったりする場合には手術を行うこともあります。

手術は飛び出ている椎間板を切り取るのですが、術後のリハビリも必要なため、まずは手術以外の治療法を行います。

最近では、ヘルニアの手術でも内視鏡を使った手術も出てきていますので、患者さんの負担も軽減されているようです。

POINT
異変を感じたら迷わずにまずは医師に診てもらうのがいいでしょう。


まとめ


咳やくしゃみで片側の肩から腕に電流のような痛みが出る症状は?をテーマにお話ししましたが、いかがだったでしょうか。

椎間板ヘルニアというと治らないとか、手術後が大変であるとかネガティブな情報が多いように感じていますが、すべてが治らないものではありません。

大抵の場合には、ロキソニンテープなどの湿布薬で症状が治まることも多く、再発しないように無理な姿勢を正すなど日頃からの心がけが必要となってくるのです。

ところが、病院でヘルニアと診断されたのに、湿布だけで診察が終わってしまうと、何だか医者から相手にされなかったように思ってしまい、自己判断で他の診療を受けたくなるかもしれません。

ただ、ヘルニアは進行すれば大病かもしれませんが、初期であれば湿布だけでも十分に直すことが可能な症状なので、その認識を持つようにしましょう。

変に難しく考えず、肩こりと同じだと考えてはいかがでしょうか?

もちろん、症状が強くなった時にはすぐにでも病院へかかってくださいね。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク