【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.040
性別:女性
年齢:33歳
職業:専業主婦
体験:2つの方法で快適な眠りを手に入れる事が出来ました


出産をきっかけに睡眠で疲れが取れない状況に


33歳現在は専業主婦をしています。こだわりの枕としては、リンクルフリーピローを現在は愛用しています。

24歳の時に出産を経験しその後睡眠に関しての悩みが多くなりました。

夜泣きや授乳で、寝不足とかなんて事ももちろんありましたが、首や肩の疲れ、凝りが尋常ではありませんでした。

朝目覚めの首は硬く、そして肩には重い物がのしかかっている感覚だったのです。

そして息子が夜中起きる事がなくなっても、枕の位置や高さが無性に気になってしまい、なかなか寝付けず、目覚めてしまうなんて事も多くありました・・・。

寝て疲れがとれたというよりもむしろ余計にだるくなってしまったと感じていたのです。

出産前はパソコンと向き合う機会が多かったので、首や肩の疲れ、凝りに関しては元々あったのですが、目覚めからこんな症状にかられる事はありませんでした。

その当時は、どちらかというと夕方から夜にかけての方が酷かったですが、それでも夜はよく寝れていたし、寝起きもスムーズでした。


仕事復帰間近となり睡眠改善のため枕を変えることに


睡眠や寝起きの症状を改善しようと思いながらも、朝から肩を回したり、タオルを使ってストレッチをしたりしてごまかしながらの生活・・・。

私の場合、この首や肩の疲れ、凝りが酷くなると偏頭痛として症状に出てしまうのです。

そうすると、育児や家事にも上手く向き合えなかったり、頭痛薬を利用したりと、一日の大事なスタートの朝が、最悪な形となっていました。

それは本当に辛いものでした。

偏頭痛には、質の良い睡眠が出来ていなかった、睡眠時間が短かったという事も関係していたと思います。

仕事復帰も近づいていたし、このままではまずいそして辛すぎると思った私は、位置や高さが原因で、なかなか寝付けなかった枕を変えてみる事にしました。

マットレスも考えたのですが、腰や背中に凝りは自分自身感じていなかった事もあり、枕に落ち着きました。

正直、睡眠に関しての悩みが無かった時は、枕なんてあれば良いくらいの感覚だったので、全くこだわりの無い枕を使っていました。

高めが好きで高さを調整する為に、枕を重ねた事もあった位です。

思い返してみれば・・・、さすがに睡眠の為の枕環境としては酷過ぎました(汗)

そして枕選びは口コミを見たりし、2つの枕をこれまでに試してきました。

そして現在も愛用しているリンクルフリーピローに落ち着いていて私にはとても合っていると感じています。


ストレートネックを解消出来る枕を選ぶことに


私は、枕選びの時に初めて知った言葉がありました。

それはストレートネックという言葉で、その症状を見た時に自分は「これだ!」と思いました。

本来カーブしていなくてはいけない首筋が、長時間の前かがみの姿勢により、まっすぐな首筋になってしまうといった症状です。

そして、現在使用している枕はこのストレートネックを支えてくれている様な感覚という事で私には最適でした。

今まで高い枕が好みだったので、最初は物足りなさを感じていましたが、使っていくうちに、とても快適な眠りへと変わっていく事が出来たのです。

支えながら包みこんでくれている事によって、寝付く前に感じていた首や肩の負担がぐーんと減り、朝起きた時のだるさというのも、日に日に解決していく事が出来ました。

枕だけで、こんなにも違う物なんだと感じ、もっと早く変えてれば良かったと後悔しました。

そして枕を変えたと同時に、寝る前にローズヒップティーなどのハーブティーを飲むという習慣も始めていました。

これは、友人に質の良い睡眠をとる方法として、教えてもらっていたので、体が寝る前にポカポカと温まり、心地良い眠気が襲ってきます。

その状態で、包むような枕へ頭を静めると、あっという間に夢の中へ・・・といった感じです^^

今は、この2つの方法で睡眠からくる悩みは無くなっています。

睡眠の悩みを抱えてみて、枕の大切さ、そして睡眠の大事さを感じる事が出来ました!

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク