【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク



あるある体験談:NO.039
性別:男性
年齢:35歳
職業:会社員
体験:不眠症が理由で寝具を一新した


店頭で2時間も爆睡したベッドとの出会い


高校の頃から不眠症を患い、眠れないことへの苛立ちから、様々な合併症を発症したんですが、ホームセンターでたまたま目に止まったベッドで寝転がって見たらなんと2時間も爆睡。

店員さんに起こされて、気付いた時には閉店時間でした。

ベッドでこんなにも変わるものかと思い価格を確認すると【¥380,000-】!!!!

高校生にこんなものが買えるわけもなくずっと不眠を抱えたまま25歳を迎えました。

そして一念発起し、¥380,000-のベッドを購入しました。

そりゃあ清水の舞台から急転直下で、5回くらい飛び降りる気持ちでしたよ。

ベッドが届き、いざ眠りにつこうと寝転がってはみたものの、あの吸い込まれるような眠りにつくことができませんでした。

きっと環境が違うからだけだろうと、1週間を迎えましたがやはり眠れない。


店頭のベッドとの違いを枕に見出した


これはおかしいと思い、再度ホームセンターで寝転がってみたらやはり眠れたので、何が違うのかとみていたら枕が全然違うのです。

もともと羽毛の枕を使っていたのですが、売り場に置かれていたのは、大きな化繊のクッションで、柔らかく首の沈み方が物凄く自然なんです。

即店員さんに商品確認したところ、ただのヌードクッションを持ってきてくれました。

頭を載せてみると確かに同じような感触で、心地良さを感じましたがちょっと違う。

売り場の枕にはクッションカバーが付いていて、そのカバーを外して寝転がってみたらなんと同じ感触!!!!

コレだ!!!!と即購入決定しました。

不眠解消の期待を胸にその晩は床につきました。何の気なしに寝転がっていると気付いた時には朝日が昇っていました。

やっと不眠症と別れることができる!!!!

そう感じたのも1ヶ月ほどで再発です。



どうにも眠れない。


枕の中身を自力で維持使用と奮闘した結果


どうしてなのかと色々考えましたが、最初の頃よりクッションの硬さがないのです。

30日ほどの眠りで、中の化繊綿が偏ってしまったのです。

化繊綿を綺麗に慣らして眠りにつきましたが、何も変わらず眠れない。

確かこーゆークッションは綿を詰め直すことでどうにかなるはず!!

そう思い即詰め込み開始。

夜中にする作業ではありませんが、やりましたよ。

でもやっぱり違う・・・。

化繊綿が慣れていないというかボコボコになってしまい、何度も詰め直し縫い直し寝転がるの、トライアンドエラーを繰り返した結果。

これはダメだ。この判断を下した時には朝でした。

どうにかして眠りたい・・・

どうにかしてあの眠りを取り戻したい・・・・・・。

そこで同じような感覚を持てるウレタン枕を探すことにし、低反発枕も高反発枕も試しましたよ。

でも、どれも全然合わないんです。

あの化繊綿の詰まったヌードクッションが、どれよりも自然に眠りにつけるんです。

不思議なものです。

ヌードクッションなんて枕として考えたらとっても安いです。

なのに、頭を支えてくれるあの自然な感覚は、まるで雲の上に寝転がっている(そんなことしたことありませんが)ような感覚に襲われるんです。

なにも考えずに、気絶するかのように眠りにつけるあのヌードクッション。

なんなのでしょうか。

体質というか自分に合っているのでしょうね。

また新たなヌードクッションを買うまでに、かなりの遠回りをしました。

しかし、やはり30日もすると、新たなクッションを買いに歩いている自分がいて、物凄く勿体無い気がしていました。


ヌードクッション枕にも種類があることに気付き


そんな買っては、ヘタってを繰り返していること数か月、遂に見つけ出しました!

今使っているクッションは2年以上買い換えていません。

なぜかというと、ヌードクッションにも色々あるらしく、同じ感触をずっと維持できるものがあると知ったのは、メーカーに問い合わせたからです。

「価格さえ見合えばちゃんとした枕になるものが出来るよ」ということを、多くの方に教えてあげたいと感じています。

もっと早く連絡すべきでした。

これまでに枕だけに何万円も損してきましたが、損とは考えずにあの時代があったから、素晴らしい枕に巡り合えたんだと思うようにしています。

今はもうこの枕は手放せません^^

最高のヌードクッションです!!

【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク