【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.035
性別:女性
年齢:25歳
職業:ライター
体験:自分にとっての最適な寝方を知ること


大学生頃から睡眠に関する悩みを持ち始め


25歳でライターの仕事をしています。

枕は2年程前に購入した2万円する枕を使用していて羽素材で頭を付けると包み込むように沈みます。

睡眠に関して悩みを持ち始めたのは大学生頃くらいからで、寝ても疲れがとれない、もしくはとれにくくなりました。

因みに、高校生くらいの頃まではスッキリ目が覚めていたように思います。

私の主な睡眠に関する悩みは・・・

  • 朝に疲労感が残っていること

  • 夜中に目が覚めてしまうこと

  • 寝付くまでにやや時間がかかってしまうこと

  • 日中に眠くなってしまうこと


中でも、寝付きが悪くなってしまったことが一番の悩みです。

一日6時間は眠りたい、と考えているのに寝つきが悪くて気付くともう6時間も寝れないという時、焦ってしまってより眠れなくなる悪循環の夜になっていました。

このような状況は本当に心も体も余計に疲れてしまいます。


睡眠の悩みを解消するため枕を変えることに


これらの悩みを解消するため、自分にとって最も合った枕を買おうと少し大きなデパートに行って枕を選びました。

その場で店員の方のアドバイスや説明を聞きながら、寝心地を実際に確かめさせていただき、自分にとって最適だと思うものを選びました。

当時は単純に高い物ならば良く眠れるだろうと考えていたため、枕は店員さんがすすめるものをそのまま鵜呑みにして購入しています。

確かに以前よりは多少症状は改善されました。

しかし、

やはり大学生以前の頃と比べると眠りが浅く疲れがとれない眠り方ではないかと感じています。

改善の度合いは本当に「多少」という程度で、高級な枕を使っているから眠れて当たり前だというプラシーボ効果のようなものではないかとも考えています。

前述の通り、起床時の疲労感や寝つきが悪い点などは枕を変えた後も続いています。


寝方が仰向けか横向きかで枕選びが変わる?


まず考え付く理由の一つとして、枕選びを間違えてしまったかなと思っています。

というのも、直接お店で枕を使わせてもらった際は仰向けの姿勢のみ、それも極短時間の使用だったため、細かい使用感を確かめることが出来ませんでした。

これは「店員さんも待っているし、長々と寝っ転がっているわけには……」と、私が若干遠慮気味に試した点が悪かったと思います。

サンプルとはいえ、自分の頭を直接商品に乗せるというのは抵抗がありましたし。

また、自分にとって最も寝やすい姿勢が仰向けではなく横向きであったことにこの枕を購入してから気が付きました。

布団に入った最初の姿勢こそ仰向けではあるのですが、寝付くのは横向きになった後なんです。

仰向けの時に気持ちが良い枕を選んだため、姿勢を変えた時の具合の悪さや自分にとっての感触の悪さに気が付きませんでした。

流石に高い枕を買ってしまったためそうそう頻繁には買い替えられないのですが、枕を買いに行く前にまず「自分が求めている枕とは何なのか」をもっと研究してから行くべきだったと後悔しています。


枕の選び方は理想の寝方を考えて!


自分にとって最も寝やすい姿勢や、頭に合わせたい素材・硬めか柔らかめか・軽いか重いか。

大体でいいので自分なりの意見を持ってから買いに行くべきです。

店員さんの説明を聞いてしまうと、どの枕も魅力的に思えてしまい、実際に寝てみて気持ち良いと「店員さんもすすめているし、きっとこれがいいんだろうな」と、やや曖昧な決め手になってしまいます。

枕のサイズ等は店員の方が、実際に私の肩幅や首の長さを測った上で選んでくださったので、そういった部分は問題ないかと思います。

重要なのは寝方です。

横向きで寝る自分が仰向け用の枕を買うべきではなかったんです。何せ連続で数時間頭を預ける物ですから、これが合わなければどうしようもありません。

睡眠導入BGMやリラックスアロマという類のものも試してはみましたが、枕を変えた直後の日ほどの違いは特に見られませんでした。

高い物が良い、というわけではなく自分の体質に合うか合わないかの問題だと思います。機会があればもっと細かく自分にとって最適な寝方を研究し、もっと良い枕を買いに行きたいです。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク