【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク



あるある体験談:NO.027
性別:女性
年齢:40歳
職業:専業主婦
体験:子供の頃から首・肩こりで寝て起きても改善されません


睡眠は疲れると思っていた日々


40歳になる主婦で現在は、低反発枕を利用しています。

因みにマットレスに関しては、ベッドに付属された、普通のマットレスです。

私はどういうわけか、子供の頃から、うまく眠ることができず、極端な不眠と仮眠を繰り返しています。

具体的にどのような状況かと言うと、2日間眠れなかったり、3時間程度しか眠れない日々が何ヶ月も続いたり、かと思うと20時間近く眠りっぱなしだったり。

また、これまでほとんど「ぐっすり寝た」とか、「起きたらすっきりした」というような感覚になったことがありません。

肩や首のこりがひどいのですが、寝て起きると悪化していることもあります。

そのため、信じられないかもしれませんが、快適な眠りの経験が、ほとんどないせいで、子供の頃は「眠ると疲れる」と本気で思っていました。

ずっと悩んでいたのですが、30代になってから、心療内科の先生に相談しました。

その結果、睡眠障害ということで、現在は睡眠薬と、眠気の除去剤を処方していただいています。

薬の効果に関して言えば、「飲まないよりは飲んだほうが楽」という状況です。

睡眠薬を使えば確かに眠る時間は多少長くなります。ただ、飲む時間によっては、朝に起きるのがつらいときもあります。

また、眠気の除去剤に関しては、飲んでも眠いこともあります。

不眠と過眠は同じタイミングで来るわけではありませんし、時期や体調、ストレスの度合いなどによっても、ころころ変わります。

そのため、時期によってどちらかだけを飲む、という感じです。

もちろん、あまり薬に頼りたくないと考えていることから、主治医に相談したうえで、毎日飲むのではなく、不調が続いたときに飲むようにしています。


睡眠薬と眠気の除去剤を飲む以外にした事


更に、枕もいろいろなものを試しています。現在は低反発枕を利用しています。

過去には、そばがらの枕や、パンヤ、ビーズ素材、などを使用しました。

低反発枕に関しては、何種類か枕を使ってみた中では一番の効果があるというか、私に合っていると感じています。

なんとなくですが、首や肩に合っている気がするためです。

そのせいか、最近では以前のような、「寝て起きたら肩こりがさらに悪くなっている」と感じるようなことが減ったように感じています。

また、夜中に目が覚めてしまい、眠れなくなるようなことが、少し減ったようにも思います。

今使っている低反発枕がフィットしているような感覚があるせいかもしれません。

首に限って言えば、以前肩こりがひどくて整形外科で相談した際に、首の骨と骨の間が少し狭くなっているいわゆる“ストレートネック”になりかかっていると言われました。

日頃、PCやスマホばかり使っているのも良くないのだと思い最近では、時間を制限したり姿勢に意識するように心がけています。

整形外科で、首を引っ張る治療をしたことなどもあります。

ですが、その治療をする前と、した後の違いは、あまり実感することができませんでした。


今後の課題について考えて見ると


寝具や体質だけではないのかもしれないとも思ったため、夏場は毎日ウォーキングをしていました。

そのほうが、疲れもあってか、ぐっすり眠れていたように感じました。

ただ、ウォーキングは、毎日出来るわけではない、というのが現状です。

疲れていたほうが眠りやすいのは確かなのですが、悪天候だったり、寒かったりすると、さすがにそれほど長い時間はできないのです。

朝は日の光を浴び、眠る前には間接照明を使うなどして暗くして…など、今までいろいろなことをアドバイスされてきました。

そのつど、教えられた方法を試してはいるのですが、思うような成果は出ていません。

枕だけではなく、マットレスやベッドなども見直しをしたほうがいいのだろうか、とずいぶんと前から検討しているところです。

しかしどのようなものがいいのかが、いまいちよくわかりません。

腰も悪いため「首、肩、腰」に効果があるものがあるならば、試してみたいと思っています。

現在の枕も、使い始めて日が経つため、買い替えも含めて検討しています。

毎日必ず取る睡眠だからこそ、なるべくなら快適に過ごしたいものです。

【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!

スポンサードリンク