【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



しっかりと睡眠時間はとっているのに疲れが取れない、しっかりと寝ているはずなのに昼間に眠気に襲われる、それって睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません。

隣で大きなイビキをかかれると迷惑ですよね・・・、でもこれが突然止まったとしたら、やっぱり睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群は、文字通り眠っている時に呼吸が止まってしまう、あるいは呼吸が弱まってしまう病気です。

「呼吸が止まったら死んでしまうじゃない!?」っと思う方へ、もちろん呼吸が止まったままだと死んでしまいますので、止まるのは数秒から十数秒だけなのです。

10秒以上呼吸が止まるのを1回と数えて、1時間に5回以上の呼吸停止があれば睡眠時無呼吸症候群と判断できます。


睡眠中に呼吸が止まるとどうなるの?



睡眠中に呼吸が止まってしまうとどうなるのでしょうか?

睡眠中に呼吸が止まってしまうと眠りが浅くなってしまう為、睡眠時間は充分にとっているはずなのに疲れが溜まったり、寝不足になってしまうのです。

他にも呼吸が乱れることで心拍数や血圧が乱れてしまい、心臓に負担がかかったり、糖尿病などの内臓疾患にもつながる可能性が指摘されています。

また、睡眠は浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠の二つの睡眠が繰り返されていますよね?ですが・・・、

無呼吸によりこの睡眠のバランスが崩れることになり、成長ホルモンの分泌ができなかったり、身体をうまく休めることができなかったりと、様々な不具合が現れてしまうのです。

では、どの位の方が睡眠時無呼吸症候群になっているのでしょう?

日本では200万人から300万人もの方が睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるそうですが、実際に治療を受けている方は3万人程度しかいません。

これには睡眠時無呼吸症候群の特徴ともいえる、症状が起こるのが睡眠時であるため自分で無呼吸になっていることが分からないということが、治療を行っていない原因となっています。

そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群の原因は?対処法や対策を教えて!をテーマに睡眠時無呼吸症候群についてお話しします。

POINT
睡眠時無呼吸症候群で多くの方が睡眠の質に関して苦しんでいる!


睡眠時無呼吸症候群の原因は?



睡眠中に呼吸が止まったり、呼吸が弱くなってしまうのが睡眠時無呼吸症候群ですが、どうして呼吸が止まったり弱くなってしまうのでしょう?

実は睡眠時無呼吸症候群には二つのタイプがあり、一つは気道、いわゆる空気の通り道が狭くなってしまうことで呼吸が止まったり弱くなってしまうタイプで、閉塞性睡眠時無呼吸症候群と呼ばれています。

そしてもう一つは、脳から呼吸をするという命令がうまく送られなくなることで呼吸が止まったり弱まってしまうタイプで、中枢性睡眠時無呼吸症候群と呼ばれています。

これら二つのタイプのうち、ほとんどが閉塞性睡眠時無呼吸症候群であり、中枢性睡眠時無呼吸症候群はわずか数パーセントしかありません。

二つのタイプの見分け方ですが、大きなイビキや朝起きた時の口の渇きなどが閉塞性睡眠時無呼吸症候群の特徴です。

あなたは朝起きたときどうでしょうか?

また、イビキをかかずに無呼吸状態となるならば、中枢性睡眠時無呼吸症候群の可能性があり・・・と言いたいところですが、中枢性であってもイビキをかく方もいますし、複合型の場合もありますので、無呼吸症候群が疑われる場合には病院で診断を受けてください。

では、どうして睡眠時無呼吸症候群になってしまうのでしょうか?

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の原因としては、寝ている時に舌が喉の奥に行くため、空気の通り道が狭くなってしまうということなのですが、誰もが狭くなるわけではありません。

狭くなりやすい方としては、まず肥満の方、あるいは顎が小さい方が挙げられて、肥満の方については睡眠時無呼吸症候群にかかるリスクは3倍にもなっています。

一方で、中枢性睡眠時無呼吸症候群については、その原因はよくわかっていませんが、対処法については閉塞性睡眠時無呼吸症候群と共通していますので、これからご紹介します睡眠時無呼吸症候群の対処法について参考にしてください。

POINT
肥満の方の発症リスクは通常の3倍にもなっている!


睡眠時無呼吸症候群の対処法は?



睡眠時無呼吸症候群の原因についてお話ししましたが、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合にはどうしたらいいのでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群だと睡眠の質が悪くなるため・・・、

  • 睡眠時間に関係なく日中に眠気が襲ってくることがあり、

  • 居眠り運転による交通事故に繋がったり、

  • 心臓に負担がかかり心不全を引き起こしたり、

  • 糖尿病などの生活習慣病に繋がったり、

と放置して良いことはありません。

呼吸器内科や循環器内科など睡眠時無呼吸症候群を診察してくれる病院がありますので、早めの受診をお勧めします。

では実際に睡眠時無呼吸症候群の治療とはどのようなものなのでしょう?

まずは生活習慣の改善として、肥満であれば減量、禁酒・禁煙があげられます。

それからCPAP装置と呼ばれる呼吸器の装着があります。

CPAP装置とは、よくドラマなどで、入院患者がつけているチューブのついた酸素マスクのようなもので、寝ている間に空気を送って無呼吸状態を防いでくれる機械です。

顎が小さく軽度な無呼吸の場合には、マウスピースを装着する方法もあります。

他には扁桃腺(のどちんこ)を切り取って、喉が狭くならないようにする手術もあります。

これらのように対処法にはいくつかありますので、きちんと通院して、あなたに合った治療法を行うことが肝心です。

睡眠時無呼吸症候群の対処法って何だか大変だから、睡眠時無呼吸症候群の予防法はないのか?そう思ったあなたへ、次は睡眠時呼吸症候群にならないための自宅でもできる対策をご紹介します。

POINT
睡眠時無呼吸症候群の対処法はなかなか大がかりなモノが多い!


睡眠時無呼吸症候群にならないための対策は?



睡眠時無呼吸症候群の治療法についてお話ししましたが、そもそも睡眠時無呼吸症候群にならないように予防はできないのでしょうか?

もちろんあります!それも自宅でもできる対策なかりです。

まずはなんといっても肥満状態からの脱出です。

ただし、肥満の方が対象であって、痩せれば痩せるほど良いというわけではありませんので、適正体重を心がけてください。

ちなみに適正体重というのは、身長(m)×身長(m)×22で計算できて、一番病気にかかりにくい体重だとされています。

それから、睡眠時に舌などの筋肉が喉の奥に下がって無呼吸状態となる為、筋肉を必要以上にゆるめてしまうアルコールを控えることも睡眠時無呼吸症候群の予防になります。

とくに寝る前に深酒をすると、睡眠の質も下がってしまいますので、寝る直前にお酒を控えるだけでも、生活習慣の改善となります。

呼吸を弱めてしまうタバコは論外で、禁煙は様々な病気の予防に一番の近道です。

肥満でもなくお酒もタバコもしない方は?寝る姿勢を気にしてみるのも対策になります。

具体的には、仰向けに寝るよりも横向きに寝る方が、気道が狭くならないために睡眠時無呼吸症候群になりにくく、イビキもかきにくいといいます。

いきなり寝る姿勢を変えると、かえって寝違えたり肩こりがでたりするかもしれませんし、意識して寝る姿勢を変えることはできないという方もいるでしょう。

そんな方は、枕を抱き枕に替えてみたり、イビキ対策用の枕というのもありますので、枕にこだわってみてはいかがでしょうか。

最後の対策としまして、アレルギーや鼻炎持ちの方は、耳鼻科でしっかりと治療をするというのがあります。

鼻炎だとどうしても口呼吸になりがちですので、鼻呼吸ができるように鼻は大事にしてください。

POINT
自宅で簡単にできることからまずは初めて見るのがいいでしょう!


まとめ


睡眠時無呼吸症候群についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群は、200万人から300万人という多くの方がかかっているといわれていますが、実際に治療を受けているのはその1割程度しかいません。

それには睡眠時であるため、自分が無呼吸であるのか、そもそもイビキをかいているかどうかも判断がつかないということが大きいでしょう。

それでも睡眠時無呼吸症候群がひどくなれば、睡眠の質が下がるばかりか、心臓にも負担がかかってしまい、生活習慣病にかかってしまうというリスクに繋がってしまうのです。

現在では、多くの病院で睡眠時無呼吸症候群の外来を開設しています。

睡眠時間はとっているのに昼間に眠気がおそってくる、朝起きた時に口が乾いて喉が痛い、眠りが浅く夜に何度もトイレに起きてしまうなど、睡眠時に気になることがある方は、早めの受診をお勧めします。

また、睡眠時無呼吸症候群にならない為には、ダイエットや禁酒・禁煙など生活習慣の改善が必要となります。

睡眠時無呼吸症候群に限らず、正しい生活習慣は様々な病気の予防に繋がってきますので、自分の身体をいたわるためにも、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク