【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.021
性別:女性
年齢:32歳
職業:会社員
体験:肩凝りには自作の枕と、腰痛には有名ブランドマットレス


側弯症と椎間板ヘルニアからの睡眠の悩み


枕には特にこだわりはありませんが、自分で綿を詰め直して好みの高さに調節しています。

具体的には、ふかふか柔らかくて少し高さのある枕が好みなので、一度枕の端の糸を外して綿を全て取り出します。

そして、買ってきた綿を加え混ぜて詰め直し、開いている端を縫って閉じるという作業です。

昔の人が、布団の綿を入れ替えたりしていた作業と同じようにして、自分の好みの高さになるように調節しています。

睡眠の悩みを持ち始めたのは、25歳を過ぎた頃くらいからでしょうか。

それ以前は何も気にせずいつでもどこでも寝られたのですが、段々体にガタが出てくるというか、朝疲れが取れていない日が増えてきたというか・・・、

睡眠に関して気になり始めました。

その他にも、寝つきが悪い日があったり、何となく寝心地が悪かったり夢見が悪くて夜中に目が覚めてしまったり、朝、首や腰が痛かったり仕事のストレスも関係しているかもしれませんが、睡眠の質が悪いと感じました。

元々側弯症(そくわんしょう)と椎間板ヘルニアを患っており腰が悪いので、日によっては足に痺れが残ったりして苦労おり、楽になる睡眠環境が必要と思うようになりました。


睡眠を改善させるため枕・マットレスを調節することに・・・


腰痛があまりにもひどくなったときは整体や整形外科に通って施術を受けに行きます。しかし、それでは金銭的にも時間的な拘束もあることから、普段の生活から改善させようと考えました。

そこで、睡眠に関する悩みを感じた事から、まずは枕の調整をしようと考えました。

今では自分で綿の量などを調整していますが、それ以前は何度も枕を変えたり、枕の下にバスタオルを敷いたり、わざと枕なしで寝てみたり、色々と試しました。

それから次に、ベッドのマットレスを高いものに買い換えました。

それまで三万円くらいの安いベッドに薄い低反発のマットを敷いていたのですが、やはり一日のうちの睡眠時間が占める時間を考えると良いものを使うべきなのではないかと考えました。

そこで、マットレスのブランドを多く扱うデパートに出向くことにし、色々試した結果、気に入ったものが見付かったので購入しました。

有名なブランドのもので、十五万円くらいだったと思いますが、さすが寝心地が格段に良くなって感動したのを覚えています。

枕とマットレスを買い換えた理由は、やはり寝心地の悪さというか、それまで「しっくり」こなかったからです。とは言えどこまでお金をかければ良いのか分からず、かなり試行錯誤しました。


枕・マットを変えて睡眠は改善されたの?


自分で綿の量を調整している枕の満足度は未だに「まぁまぁ」ですが、マットレスは奮発の甲斐あって大変素晴らしいもので、寝起きの腰の痛みや足の痺れが軽減されました。

寝心地の良いベッドが好きになってしまい、休みの日は一日中ベッドの上でゴロゴロ過ごすこともあるくらいです。

以前は、整体で矯正してもすぐに元に戻ってしまうクセの強い(?)側弯症(そくわんしょう)の状態がだいぶ落ち着いたのが何よりも嬉しいですね。

やはり自分の体に合ったマットレスを自分自身で選んだから良い結果に導かれたのだと思います。

幾つものマットレスを試してやっと決めましたし、友人には「ちょっと柔らかすぎる」と言われたこともあるので、自分に合うものを見つけ出すとういうことが重要だと感じました。

腰痛には硬めの敷布団やマットレスが良いというのを聞いたことがありますが、私個人の体験では硬いと余計に痛くなりました。

今のマットレスはやや柔らかめですが、沈みすぎず体全体を優しく支えてくれるので、自分にはとても合っていると感じています。

今興味を持っているのは『枕外来』という専門機関があるらしく、自分の骨格などを調べて合う枕をつくって(処方して?)もらえるそうですが、予約が何年先まで埋まっているとかテレビで見たのでそこまでは手が出ませんが・・・。

もっと身近なものになったら是非利用したいと思います。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク