【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.020
性別:女性
年齢:41歳
職業:マッサージ師
体験:バスタオル1枚あれば!


育児からくる肩こりに悩まされ・・・


41才女性でマッサージ師の仕事をしています。

今使用中の枕は高級枕でもなく、オーダーメイド枕でもなく、自分にあったバスタオル枕を使用しています。

30代迄はどこにでも売っている枕を色々試しました。例えば形状記憶だったり頸のラインにそったカーブがついていたりと特にこだわりはありませんでした。

ただ、睡眠の質が良かったかというと、良いどころか朝起きるときに頸に張りがあったり、もともと肩こりなのがさらに肩が凝ってしまったりと、とても寝起きのいいものではありませんでした。

その内子供が生まれて、夜中の授乳や、アトピーがあったので夜中に何度も起こされる日々が続きました。

いつの間にかウトウトしていたり、そのまま朝が来ていたりと枕の存在を忘れている時は多かったです。

徐々に子供達も大きくなり一緒に寝ているのですが、自分の寝る体勢より、子供が中心の寝る体勢になるため、腕枕をしたり、座ったまま寝かしつける事が多く、頚そのものにはとても負担が掛かっていました。


ストレートネックを自覚し対策法を考えることに


人間の頸椎~胸椎~腰椎は横からみるとS字にみるとになっているのですが、私の頚椎はストレートになりかけていたのです。

そもそも、S字になっているのは衝撃を吸収できるクッションのような働きをするためです。

そのS字が頚椎でも腰椎でも姿勢が悪いが為にストレートになってしまうと、衝撃をモロに受けてしまうので、頚が疲れやすい方や、腰痛の起きやすい方はカーブが少く、真っ直ぐになってきている可能性があるんです。

自分自身がそうなりかけてきて初めて対策法を考えました。

睡眠時の理想の姿勢は仕事柄わかっていて、「立っている状態でそのまま横になって寝ること」です。

そこで、よくマットレスのCMなどでよく見かける体のラインに沿って沈むと云うのと同じで、頚と布団の間も埋めてあげればいいんじゃないかなと思い、まずはバスタオルを折って頭と頚の間に置いて寝てみました。

すると朝の寝起きが驚くほどスッキリとしていました!

たまたまかなと思って何度も試したところ、今までとは明らかに寝起きが違うのが分かりました。

頚のラインに沿った枕もありましたが、それは頭部にもスポンジがあるため、頚椎に対しては軽減してしまっていたのか、今回の頚だけに折ったタオルを当てた方が、頭部も自然と下がり、正しい頚のラインが出来た様な感じでした。

その後テレビでも紹介していたのですが、「ストレートネックの方は枕によっては逆に負担になる場合があるので、ヘタに枕を使わない方がいいですよ」と言っていたのを聞いて益々良かったんだなぁと思って現在も継続中です。

横向きの時はそれこそ自分の腕で腕枕をする位で私は十分です。


マッサージの職場でもバスタオル枕を使ってると・・・


近年ショッピングモールなどで枕屋さんがあり検討されている方がいらっしゃるので、バスタオルで十分ですよ♪と言いたい位です。

自分のお客さまにも枕でお悩みの方は沢山いらっしゃって、「枕が合わないのかなぁ~形状記憶のいいやつなんだけどなぁ~」とよく耳にします。

その時は自分の体験談を話つつ検討されてもいいかもしれませんね、とお話ししてます。

体の構造も考えつつ、1人1人違うので一概には言えませんが、一度みなさんに試していただきたいです。

今もアトピーのお兄ちゃんは夜中に痒みで起きるので、自分も起きて再び寝る時は寝ぼけているので、毛布を折って頚の下に入れたりしています。

実は職場でもバスタオルを折った枕を作って使っています。

枕が合わずに悩んでるお客さまが、「この高さちょうどいい!なんですか?」とよく聞かれます。

バスタオルを折って留めてるだけですよというとビックリされて「家で試してみるわ」とお帰りになるかたもいらっしゃいます。

枕は絶対合うものを買わないといけないと思い込んでる方がおおく、でも一瞬試して良さそうで買うけど、一晩寝て試さないとわからないのよね~とよく聞きます。

それが現状だと思います。

バスタオルで頚や肩こりが少しでも楽になればいいと思います。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク