【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



肩こりは原因が何であれ生活を阻害する痛みを伴います。

枕が合わなかった時やデスクワークが続いた時にはただ首動かしたり、荷物を持ったりするだけでも痛む事があります。

でも・・・。

そんな痛みがある事はお構いなしに毎日の仕事は進んで行きます。

そして、小さい子どもも肩に飛び乗ってきたり、抱っこをせがみますよね(汗)

重たい荷物を同じ肩で持つ癖の付いている人や、逆に痛い時に庇う事で又、違う所が痛む事も往々にしてあります。

その為にも痛みを和らげる事が先決になります。

結論から言って、少しでも手っ取り早く解消する目的で使用するのが、湿布や塗り薬になります。

根本的な解決にはなりませんが、即効性はあり応急処置として痛みを和らげる事が出来ます。

肩こりで病院に行っても血流障害の場合には痛み止め、温湿布・湿布を処方されて終了となるでしょう。

そこで慢性的に肩こりがあるのなら、湿布薬や塗り薬等を常備しておく事が望ましいです。

買いに行く手間も省け、痛みを緩和させて通常通りの生活を送る事ができます。


肩こりを解消してくれる薬の種類は?



ところで、薬には色んな種類や形状があります。

飲み薬や注射と違って手軽な印象がある外用薬ですが、中に入っている成分はきちんと薬です。

そのため、間違った使い方をしていると効果は半減する事もありますし、敷居が低く簡単に考えがちですが、れっきとした外用薬も薬です。

きちんと容量、用法を守らなければ過剰投与になり体に異変が起こる事もあります。

使い方をしっかりよく読み、分からない事があれば売っている店の薬剤師さんに相談する事をお勧めします。

少しそれてしまいますが、貼り薬の場合はテープかぶれが深刻な問題にあります。

塗り薬の場合にはアルコール成分が入っている物もあるので、アルコールに弱い人は使用を控えた方がいいです。

貼り薬、塗り薬共にメリット、デメリットがあるので上手に使い分けるといいでしょう。

POINT
薬の効果に関してキチンと理解して選ぶようにしましょう!


肩こりに解消法としての塗り薬のメリットは?



薬は大きく分け内服薬、外用薬、注射薬があります。

塗り薬や貼り薬は外用薬に分類されます。

外用薬は、どれも経皮的に薬の成分が体内に入り、痛み止めの効果を呈します。

塗り薬にはクリーム状の物、ゲル、ローション、形状が変わるとスプレー等様々な形状があります。

クリーム、ゲル、ローションに関しては薬の状態が変化しているだけで使用する人の好みに寄ります。

持ち運びに便利で、出先でも容易に塗り直す事が出来る薬と言えます。

クリーム状の場合は、薬を拡げ易く希望する範囲に塗布する事が出来ます。

べた付きが比較的少ないですが、やはり塗り薬ですので使用後は手を洗わないと他にも付着してしまいます。

ゲルも同様に希望する範囲に薬を塗布する事ができ、透明な水性の基材で、ゲルが膜を作る事で薬の効果が長く持続します。

アルコールが入っている場合もあります。

アルコールに弱い人の場合は、塗布した部分が荒れたり赤みを帯びたりする場合もありますので注意が必要と言えるでしょう。

因みに、塗布後はべたつきもなくさらっとした感じになります。

塗り薬のメリットは痛みの部分に、極限して薬を塗る事が出来る所です。

つまり、広範囲の痛みの場合は塗り薬によって広範囲に、その痛みの範囲に合わせて薬を塗る事が出来ます。

又、湿布等に有りがちな湿布がよれてしまう、目的の場所では無い所に貼ってしまう事もありませんから、薬を患部に塗るストレスから解放されます。

湿布は貼付していると貼っている事自体が見て分かります。

塗り薬の場合も臭いで気付く場合もありますが、服の隙間から見える事はありませんので、お洒落に気を使いたい人の場合は塗り薬が向いています。

例えば、湿布は使用後、そのテープを剥がさなくてはなりません。

その時に、しっかりくっつくタイプのテープの場合、剥がす痛みが伴います。

テープの場合は肌を守って粘着の弱い物もありますが、粘着が弱い事は剥がれやすい事になります。

肩はそんなに激しく動かす部位ではありませんが、服の着脱等により剥がれ安くなります。

しかし、塗り薬の場合はその様な事がないの魅力です。

薬を塗ればしっかり長時間効かす事が出来ます。

テープの場合は、剥がした後もテープのベタベタ感が気になります。

POINT
塗り薬であれば比較的メリットも多く使いやすいと言える!


肩こりに解消法としての塗り薬のデメリットは?



ここまでで、肩こりに関して塗り薬がいいのでは?っと言う話をしてきましたが、ここでは、塗り薬のデメリットに関して考えていきます。

結論から言って、塗り薬の場合大きなデメリットは患部によって、自身では届かない場合もあり、人の手をかりなくてはいけません。

それは痛みによる場合もあれば、体が硬いという理由によるかもしれません。

誰か同居している人や頼みやすい人が身近にいれば問題ありませんが、単身者の場合は直ぐに薬を塗る事が出来ません。

湿布の場合では一人でも貼れると言う便利グッズも出ていますが、塗り薬の場合にはそうもいかないのがデメリットです。

又、外用薬ならではの弱点としては、臭いが気になる所です。

臭いはキツイので貼付している事、薬を使用している事が他の人にも良く分かる環境です。

POINT
塗り薬は患部を自分で塗れない可能性がある!


肩こりに解消法としての塗り薬と湿布の違いは?



これに関しては、薬の成分としては塗り薬も貼り薬も変わりはありません。

薬が皮膚から吸収されて薬理効果を体に呈するのは同じ経路です。

では、違いはないのかというと、大きな違いは使用方法になります。

テープの場合はしっかりくっついて長時間効かす事が出来ますので、一度貼ってしまえば、仕事の間中痛みを抑えてくれます。

貼っている間はべた付きもなく、服に付着する事もありません。

湿布の種類によっては粘着の強弱を選ぶ事が出来ますし、肌の状態・かぶれの有無、貼付部位の行動範囲を考慮して選択すると良いでしょう。

テープの場合には温める事の出来る温湿布も存在します。

基本的に急性期は冷し、慢性期になると温める事で効果を表します。

慢性的に肩こりがある場合は温める事の出来る温湿布が合っているということもあり、湿布には温湿布があるので使い分ける事が出来ます。

ただ、忙しい朝に慌ただしく貼るにはテープがよれてしまう場合もあります。

誰か他の人に頼めると良いですが、単身者の場合は何か工夫して一人で貼らなくてはなりません。

最近では一人で貼れる商品もあるので合わせて購入の検討が必要です。

塗り薬でも届かない場合ですと同じ現象が起きますから、薬をもらったら一度届くのか検証しておく事が必要です。

直接患部に貼付、塗布する外用薬ならではの問題点だと言えます。

因みに、内服薬、注射薬の場合は体の内部から効く事になるので心配の要らない問題点だと言えます。

湿布との違いに関してですが、塗り薬は持ち運びに優れており痛みを感じる所に直ぐに処置する事が出来ます。

塗り薬の形状は個人の好みによります。

べた付きも少なくさらっと塗れるのはローション、少しべた付くのはクリームです。

貼り薬、塗り薬を上手に使い分けて肩こりがあっても、生活に支障が無い様に工夫して過ごして下さい。

最近ではドラッグストアでも多くの商品が売られています。

POINT
塗り薬も湿布も大きな違いは無いと考えられる!


まとめ


今回は、肩こり解消法として、湿布・塗り薬に関して考えてきましたがいかがだったでしょうか?

現代社会では、多くの人がパソコン操作をする仕事を避ける事は出来ませんが、上手に使いこなす事で、症状を和らげ快適な生活を送る事が出来るといえるでしょう。

冒頭でも話しましたが、肩こりの症状があっても仕事や家事には待った!が効きませんよね・・・。

パソコン操作が仕事の主流になる現代にとって、肩こりは現代病の一種だと言えます。

選択した仕事を呪うよりも上手に付き合いながら、活発な生活を送って下さい。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク