【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



隣で寝ているパートナーが大きないびきをかいていると、うるさいなあと思う反面、大丈夫かなと心配にもなりませんか。

いびきをかくというのは、けっして健康的なことではありませんし、もしかしたら重大な病気が隠れているかもしれません。

そもそもいびきの原因は何でしょうか?

いびきは、舌や軟口蓋と呼ばれる口の中の柔らかい部分などが喉の奥に落ち込んで、空気の通り道である気道をふさぐ為、呼吸する度に喉の奥に落ち込んでいる部分が振動して音を鳴らしているのです。

例えて言いますと、鼻が詰まった時に鼻で息をすると、ぷーぷー音が鳴るように、喉が詰まって音が鳴るのがいびきというわけです。

いびきをかくということは、少なからず呼吸が妨げられているわけですから、身体に負担がかかっているわけです。

それより何よりうるさいというのが一番の問題点と言えるでしょうね・・・。

そんないびきが解消されるのであれば、解消したいものですが、有効な方法はあるのでしょうか。

そこで今回は、睡眠中のいびきの対処法はある?いびきを解消させる対策は?と題しまして、いびきの対処法についてお話ししていきます。


睡眠中のいびきの対処法はある?



そもそもいびきの原因は、舌や口の中の筋肉が喉に落込み、気道を狭くすることで起きてしまうものです。

では、舌が喉に落ち込まなければ、いびきもかかずに済むわけですが、実際にそんなことができるのでしょうか。



『出来ます』

一番簡単なのは横向きに寝ることです。

横向きになることで、舌が喉に落ち込むことも無くなるため、いびきが治まることがあります。

横向き専用の枕なるものもありますので、うまく使えばいびき解消になるでしょう。

また、単純ではありますが、口を閉じて鼻呼吸を心掛けることでも、いびきは止まることが多いのです。

ただし、寝ている時に鼻呼吸をするには普段から鼻呼吸を心掛けて習慣化する必要があり、花粉症やアレルギー性鼻炎をお持ちの方には辛いことかもしれません。

貼るだけでいびき解消になるテープもありますが効果はいかほどのものでしょうか。

小鼻に貼ると鼻腔(鼻の穴)を広げてくれる為、呼吸が楽になるというものですが、そもそも口呼吸をしている場合には、鼻腔が広がったとしても、あまり効果はみられないかもしれません。

そこでいびき専用のテープもありまして、鼻腔を広げるだけでなく、口もふさいでしまうことで、嫌でも鼻呼吸になるというものです。

さらには、いびきを感知すると振動や電磁波を身体に送って刺激を与え、寝返りを促していびきを止めるなんて機械もあるんですよ!

これでいびき解消となればいいですが、逆に眠れないなんてことにもなりかねませんので、いびきテープ共々使う際には注意して、合わないのなら使用を中止する必要があるでしょう。

いびき対策で睡眠不足になってしまっては本末転倒ですから・・・。

他にもマウスピースを使うことで、舌が落ち込むのを防ぐことができます。

マウスピースは、薬局などでも購入できますので、試してみても良いかもしれません。

ただ、いびき対策としては、どれも根本的な解消はできていません。

いびきを解消させるには、いびきの原因を把握しておく必要があるのですが、そんないびきの根本的な解消については次の項目でお話ししていきます。

POINT
いびき対処法は根本的な解決にならない場合がある!


いびきを解消させる対策はある?



前の項目ではいびきの対処法として、グッズも合わせていくつか紹介させて頂きましたが、そもそもの解消とはなっていません。

いびきを解消させるには、いびきの原因を追究することが第一なのです。

でもいびきの原因は、舌や軟口蓋などが喉に落ち込むなどして、空気の通り道である気道が狭くなってしまうこととお話ししましたが、違う原因があるのでしょうか。

実は舌が喉に落ち込むことの原因がいくつかありまして、例えば疲労や飲酒によって筋肉の力が抜けてしまうことです。

このような場合は、舌が喉に落ち込みやすくなり、いびきの原因となってしまうと考えられます。

ただ、疲労や飲酒は一時的なものであり、特に注意が必要ないびきとは言えず、むしろ注意が必要ないびきとは慢性的ないびきなのです。

では慢性的ないびきの原因となるとどういうことが挙げられるのでしょう。

まずはなんといっても肥満ですね。

首の周りに脂肪がつくことでもともとの気道が狭くなってしまっている場合です。

こうなると横向きに寝たとしても、いびきをかいてしまうことがありますし、睡眠の質が悪くなり、日中に眠気が来たりすることになります。

さらに最悪の場合には、心臓病や脳卒中など突然死に繋がる病気を発症するリスクを高めてしまうことにもなるのです。

そんな根本的な解決法は、ずばりダイエットに限ります。

っと、これだけではありきたりなので、

CPAP(シーパップ)とよばれる空気を送るマスクを装着することでいびきを抑えて睡眠の質を改善することはできるなんていうものもあります。

ただ、CPAPの使用には医療機関での診断が欠かせませんし、なによりもお金がかかりますので、まずはダイエットをお勧めいたします。

他の原因には扁桃腺の肥大があり、いわゆる喉の腫れなので、風邪をひいた時などはいびきをかいてしまうことがあるのです。

この扁桃腺は、子供の頃に大きくて、成長とともに小さくなっていくのですが、人によっては大きいままでいることがあります。

場合によっては食事も不自由なくらいに肥大する方もいるようで、いびきなども含め生活に支障がある場合には、病院で切り取ってしまうことで根本的な解消となるでしょう。

また、枕が合わないことが原因でいびきをかくこともあります。

高すぎる枕を使うと、首を曲げる格好になってしまい、気道を狭くしてしまうことで、いびきをかいてしまうのです。

では低い枕を使えば良いのかというと、低すぎる枕ではアゴが上がってしまい、舌が喉に落ち込みやすい体勢となってしまうのです。

枕の理想的な高さは、立っている時と同じ首の角度になることですから、高すぎても低すぎてもいびきの原因となることに注意してください。

最後にお話しする慢性的ないびきの原因としましては、加齢による筋力の衰えがあります。

特に女性はアゴが小さかったり、筋力が弱いため、熟年期にいびきをかくようになってしまう方がいるのです。

加齢に関しては私も他人事ではありませんので、寂しい気持ちになってしまうのですが、こればかりは仕方がありません。

とはいえ、普段から柔らかいものばかりでなく、しっかりと噛みごたえのあるものを良く噛んで食べることで、衰えを遅らせることができるでしょう。

それでも解消できない場合には、横向き寝など他の対処法と組み合わせて、少しでも安眠できるよう工夫してみてください。

では、いびきをかくのが隣で寝ている方の場合にはどうしたら良いのでしょう。

次の項目では、パートナーがいびきをかく場合についてお話ししていきます。

POINT
肥満体型の場合はまずはダイエットを行うのがいいでしょう!


パートナーがいびきをかく場合どう対応すればいい?



隣で寝ているパートナーのいびきがうるさくて眠れない時にはどうしたら良いのでしょう。

蹴飛ばして起こしますか?(笑)

いやいや笑い事ではなく、『こっちは眠れないのに大いびきで眠っていて腹が立つ』なんて思ってしまうのは仕方がないのかもしれませんね。

人は寝不足だとどうしても感情的になりやすくなるものですから・・・。

さてパートナーのいびきは悩ましいものではありますが、せっかくなのでいびきをしばらく聞いてみてください。

もし途中でいびきが途切れるようならば睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群は、その名のとおり寝ている時に呼吸が止まってしまう病気です。

止まると言っても数秒から数十秒で回復するので、呼吸が止まったからと言って慌てる必要はないのですが、一度専門医に診てもらうよう勧めてあげてください。

また、人が出しているとは思えない物凄い大きないびきの場合には脳卒中などの病気が隠れている可能性があります。

やはり専門の医療機関で診てもらった方が良いでしょう。

慢性的ないびきの場合にも、何かしらの病気が隠れているかもしれません。

前の項目でお話ししましたいびき対策でも解消しないようでしたら、やはり医療機関での受診を検討してみてください。

一時的ないびきであれば、『疲れているんだな』と優しく背中を押して寝返りを促すことでいびきを抑えるようにしてください。

パートナーがいびき対策に協力的ではない場合には、パートナーとの睡眠時間をずらすという手もありますので、可能であれば試してみてください。

睡眠時間をずらす具体的な方法としましては、就寝時間を30分ずらすというものです。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠の時にいびきをかきやすく、かつ何かあれば目が覚めやすいのもレム睡眠の状態です。

パートナーと同時に就寝すると、同じタイミングでレム睡眠ノンレム睡眠のリズムになりやすくなります。

そこで、パートナーがレム睡眠の時に自分はノンレム睡眠になるように、パートナーがノンレム睡眠の時に自分はレム睡眠になるように調節するのです。

そんなにうまくいくの?と思うでしょうが、

正直、睡眠リズムには個人差や環境などもろもろの影響で変わってくるため、うまくいかない方が多いかもしれません。

因みに、レム睡眠とノンレム睡眠は45分くらいの感覚で入れ替わっているみたいなので参考にしてみてくださいね。

何よりも、いびきによってパートナーとの関係が崩れるのなら、まずやれることはやってみるという感じで良いでのはないでしょうか。

POINT
仰向けならばまずは横向きになるようにサポートしてみよう!


まとめ


睡眠中のいびきの対処法はある?いびきを解消させる対策は?と題しまして、いびきについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

いびきをかくということは、けっして好ましい状態ではありませんが、加齢や疲労などやむを得ない理由もあることから、ある程度は大目に見ることも必要かもしれません。

とは言え、

慢性的ないびきは、睡眠の質の低下から体調不良にも繋がるものですから、いびき対策はするにこしたことはありませんし、場合によっては病院に行く必要もあるでしょう。

また、パートナーのいびきは悩ましいものですが、パートナー本人には自覚がないことも多いです。

従って、あまり感情的にならず、身体を心配する上で、相手に寄り添った形で対策を勧めてあげると良い結果となるでしょう。

一緒に寝られるパートナーだからこそ出来ることをやってあげようと考えられるといいですね^^

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク