【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.085
性別:男性
年齢:30歳
職業:不動産営業職
体験:仰向け眠れない方には、低反発枕がオススメです。


眠る姿勢を意識するようになった理由


私は今30歳で、不動産の営業職に携わっています。

毎日、長時間の運転とパソコンでの事務処理により、肩や首を痛めてしまいがちです。

また寝相も悪く、半年に一度くらいの頻度で寝違えてしまうこともあり、ひどい時は一週間以上痛み続けることもありました。

大学を卒業して社会人になってからは、規則正しい生活をより心がけるようになりました。

仕事や夜の飲みなどで眠るのが遅くなってしまっても、起きる時間はいつも変わりなく無理やりでも起きて通勤する日々を過ごしています。

とはいえ、しっかり眠れていない日は、仕事をしていてもぼんやりとしてしまったり、集中力にかいてしまうことが多く、一日がすごくしんどく感じてしまいます。

そのため、あまり寝つきが良い方ではないのですが、短い睡眠時間でも深く眠ることができるように、いくら疲れていても変な姿勢で眠ることがないように意識するようになりました。


低反発枕は頭が固定され安定感が得られる?


そもそもなぜ寝つきが良くないのか、ということを考えだすと思い当たることが多々あります。

例えば、物音がするとすぐ目が覚めてしまったり、仰向けで眠れなかったりと、布団に入ってもなかなか眠りにつくことができませんでした。

特に、仰向けで眠れないということですが、仰向けだとなんとなく安定感がなく動いてしまうので、横向きでじっとしていたいと思う傾向になります。

しかし、

右側ばかり、または左側ばかり下にして眠ると、背骨がいがんだり、片側の顔が枕で圧迫されることで、シワやたるみが偏ってできるのではないかなど・・・、

っと考え出すと、眠りにつくまでの間も体勢が気になって仕方がありません。

頻繁に動いてしまい、その度に少し目が覚めてしまうというのは苦痛でした。

私は無意識ですが、眠っている間もよく寝返りをうっていたようです。

しばらくの間、この仰向けで眠れないという問題だけでも、なんとかならないものかとうすうす考えていました。

そして、昨年ふと立ち寄ったアウトレットモールにてテンピュール(寝具メーカー)のお店に立ち寄った際、枕が思いのほか安かったため(1万5千円程だったと思います。)その場ですぐに購入してみました。

その晩からこの枕を使用し続けているのですが、今までの枕とは違い、頭の形に沿って枕が沈み込みます。

そのため、首や顔に痛みや圧迫感が生じそうにもない状況から、「これなら仰向けで眠れる」という気持ちになれました。

そして、その日から仰向けで眠ることができるようになったのです。

ちなみに・・・、現在では朝起きるときも仰向けの状態で目が覚めることが多いです^^


仰向けで眠れないはテンピュール枕で解消!


このテンピュール枕が頭の形に沿って沈むため、頭の位置がある程度固定されることで安定感があります。

そのため、眠りにつくまでの間、また眠っている時も寝返りをうったりして動いてしまうことがかなり減ったようです。

そのおかげで眠りが深くなったのか、物音で目が覚めることも大分減りました。

同じような製品で、王様の枕やトゥルースリーパーなどよく耳にしますが、寝具の販売店に行くと試用できるところが多いので、一度試してみてしっくりくる物を選んでみてはいかがでしょうか。

特に、寝返りをよくうってしまう方は、この低反発枕はすぐに実感が得られるのではないかと私は思います。

一日のうち、4分の1程の時間は、眠っていると考えると多少お金は必要ではありますが、低反発枕だけでなくいろんな寝具を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

今はマットレスにも興味があり、近々購入してみたいとも考えています。

身体も低反発のマットレスに沈み込んで安定感が得られれば、より深い眠りにつけるのではないかと思うためです。

睡眠時にあまり動くことがなければ、布団から身体がはみだしてしまったり、無意識に無理な体制になってしまうことも無くなります。

従って、身体を冷やしてしまったり寝違えたりと二次的な苦痛からも解放されるのではないでしょうか?

まぁ、人は寝返りを1日に4~5回は行えた方がいいということですから全くできないような状態は好ましくないと言えるのかもしれませんが・・・。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク