【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク


あるある体験談:NO.087
性別:女性
年齢:63歳
職業:不明
体験:枕が合わず熟睡出来ない時の安眠対策


熟睡出来ない睡眠障害の人が意識すること


人はどんなに頑張っても身体の健康を保ったり、回復させるためには睡眠が必要です。

仕事が忙しい人でも徹夜を何日も続けることは、不可能だと言っても過言ではありません。

怪我や病気をしても、じっくりと安眠・熟睡することが根本的な治癒方法なのです。

しかし、実際に睡眠を取る時に中々寝付けない、眠りが浅いということで悩んでいる人もたくさんいます。

ある意味、睡眠障害に陥っている人も少なくないかもしれません。

睡眠ができない理由に色々なことがあります。

例えば精神的な抑圧から来るストレスの場合には、頭の中が疲れているはずなのに、冴えてしまい眠ることができないということがあるのです。

そんな時には、温かい寝室・ベッド・布団の中でゆっくりと眠れるようにすることが大事です。


睡眠環境の改善に枕が重要になる?


しかし、このように精神的な事が原因とは別に、睡眠環境のちょっとしたことで、睡眠が妨げられることもあるものです。

その1つにあるのが、枕です。

「枕?」

と軽く流されそうないのですが、枕の良し悪しで熟睡感が全く変わってくるケースも出てきます。

まずは、枕が高さが合わずに眠れないことです。

高さがありすぎるために、首に負担がかかり過ぎて、眠れないどころか、肩凝りや頭痛の原因になってしまうことさえあります。

次は、枕の硬さが合わずに眠れないことです。

あまりにも硬すぎて、頭にシックリこないことあなたも経験ありませんか?

まるで岩の上に頭を置いているような感じですよね・・・。

また、それとは逆で柔らか過ぎて頭が深く沈み込むのも問題で、これも睡眠には、障害となることがよくあるのです。

沈み込むと良いようなイメージですが、良い睡眠には寝返りが必要不可欠なのでやりづらくなると障害となるのです。

睡眠を確保するためには、枕の良し悪しと相性でかなり変わって来ることがあります。


安眠対策は低反発枕がいい理由は?


因みに、深い眠りを実現させるためには、低反発枕がいいと私は考えています。

低反発枕は、頭を乗せた時にゆっくりと沈み込む特性がありますが、柔らか過ぎの枕と異なり、あまり深く沈まないように材質に配慮されている枕です。

低反発枕を使うことで、首への負担も軽く肩凝り、首を痛めることが少なくなってきます。

これにより、とても心地良い安眠が保証されることでしょう。

但し、

低反発枕だからだと言って、全ての低反発枕が良いとは言い切れない面も否定できません。

枕の金額によって、特性が大きく変わってきて、枕の値段もかなり幅があります。

低反発枕の相場は、高い物だと1万円を越える商品もあれば、2、3千円程度の安価な枕もあります。

安価な低反発枕は、あまり自分にフィットすることが少ない場合もあることから、やはりそれなりの値段がする物を選ぶことが必要です。

あまりにも安いために、適度な沈み込みだったはずが、全く合わずに眠ることができないことは往々にして存在しているようです。

低反発枕を購入する時は実際に横になって感触を試して見ることも必要です。

寝具売り場で格好悪く見えるかもしれませんが、短い時間での試しですから、遠慮せずに試みて下さい。

ただ、本当は自分が使っているマットレスとの相性を見た方がいいのですが、中々難しいですよね。


安眠対策は腹式呼吸も大事?


自分に合った枕を手にすることが出来たなら、後は熟睡するための安眠法を知ることです。

相性の良い枕とはいえ、精神的なリラックス感もなければ意味がありません。

スムーズな睡眠に移行できるようにすすためには、腹式呼吸で精神安定を図ることです。

因みに、私達が息をする時は、大抵が肺呼吸です。

これを腹式呼吸に切り替えていくのです。

腹式呼吸は、横隔膜を上下させることで息をするのですが、精神安定の効果が高まるということで、スポーツ選手のメンタルケアでも用いられています。

就寝前に腹式呼吸を行うことで、気持ちが和らぎ、ほんの数分で熟睡モードに移行できるようになります。

このように深い眠りを手に入れるためには、物費的な条件として、低反発枕を用意し、精神的なケアとして腹式呼吸法を取り入れることなのです。

そうすることで、どんなにストレスで精神的な不安定さがかあったとしても熟睡感を手に入れることができるのです。

今現在、なんらかの原因で睡眠に関する悩みをお持ちの方は、百聞は一見に如かず、まずはトライしてみてください。

あなたが快適な眠りを手に入れられるように応援させていただきます。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク