【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク


あるある体験談:NO.086
性別:男性
年齢:51歳
職業:パート勤務
体験:まくらを変えたことで首や肩の痛みが改善しました。


あなたの年齢、職業、こだわっている方は現在使用している枕は?


私は51歳男性で、調理関係のパート勤務です。

現在使用している枕はそば殻まくらです。


いつ頃から睡眠に関する悩みをお持ちですか?


睡眠に関する悩みはうつ病を発症した17年前からあります。

ただしこれは病気によるものなので、毎日睡眠薬を服用していますから、睡眠自体に困っているということはありません。

しかし2年ほど前から、就寝時が原因ではないかと思われる首や肩の痛みなどに悩むようになりました。


頚椎症で悩みをお持ちですか?


睡眠薬を服用することで、通常は朝までぐっすりと眠ることはできるのですが、2年ほど前から起床した時に、首や肩に痛みやコリが生じるようになりました。

特に、首の痛みや腕のしびれがひどく、日中も車が運転しづらいほどでした。

ひどい時は睡眠薬を飲んでいるにもかかわらず、夜中に痛みで目が覚めてしまうこともあったほどです。

整形外科に行ってみたところ、頚椎症の可能性があると指摘され、痛み止めの注射や物療などの治療を2カ月ほど続けましたが、あまり効果がありませんでした。

手術を受けなければいけないほど、生活に大きな支障が出ているわけではありません。

しかし、仕事でも重たい物を持ったり長時間立ち作業をしていると首が痛くなってとても辛い状態でした。


そば殻の中身を調節出来る枕を選んだ理由は?


ある日ネットで検索していたところ、枕が合っていないのではないかと疑問を持つようになりました。

因みに、それまで使用していたのはポリエステル枕です。

長年使用していて、外で干したこともなかったのでクッション性も落ちていて、それが理由で寝ている姿勢が首に負担がかかるようになっていたのでは、と思いました。

そこで思い切って枕を変えようと考え、どの枕がいいかをネットで調べてみました。

っが、

ひとくちに枕といっても、低反発枕、高反発枕、そば殻枕などさまざまな種類があります。

それぞれのメリット・デメリットを考慮した中で決めようと思ったのですが、最も気になったのは枕の高さです。

高すぎると首に負担がかかりますし、低すぎても寝心地が良くありません。

頚椎症の疑いのある私にぴったりで、できるだけ安価な枕はどれがいいかを調べた結果そば殻枕を購入することにしました。

決め手となった商品は首にかかる負担を考えて、枕の中のそば殻の量を自由に調節できるというもので、これなら自分に合った高さで眠ることができるからです。


そば殻枕にすることで頚椎症は改善されましたか?


枕を変えた結果、朝の目覚めが良くなると同時に、首や肩のコリがかなり改善されました。

目覚めたときだけでなく、日中も首の痛みやしびれなどが軽減したと感じています。

そば殻が適度に、頭部の形状に合わせて程よい感じで持ち上げてくれて、首への負担が軽減されていると思います。

今話題の高反発枕や低反発枕は効果があっても、そのお値段もかなり高額です。

一方、

そば殻枕は、手ごろなお値段でありながら、シャリシャリとした心地よい音とともに頭部をやさしく包み込んでくれます。

これが、朝まで気持ちよく眠ることができるのだと思います。

朝起きても首や肩の痛みが少なく、確かにまくらを変えたことで効果があったと実感しています。

今後より快適な睡眠を得るために、現在私はマットレスは使用していないのですが、より質の高い睡眠で疲労を回復させるためには欠かせないと言われているので、マットレスに興味があります。

アマゾンでも数多くのマットレスが販売されていて、お値段もさまざまですが、より寝心地を良くさせるために検討してぜひ購入してみたいと考えています。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク