【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



寝室に入るとモワッと熱気!

部屋を早く冷やす為に風量を強くしたり、温度を最大限下げるなんてことをしていませんか。

暑くて寝苦しい夜には、エアコンは必需品、ましてや熱帯夜を超える超熱帯夜だなんて言われたら、エコよりエゴでも自己が優先っと感じても仕方のないことです。

ただ、エアコンの風が直接当たると、体調を崩すなんてことはよく聞く話かもしれませんが、実際のところ何が悪くてどうなるのでしょう。

また、本当はエアコンを効かせたいところなのに、電気代が心配で我慢してしまうという方には、エアコンの効果的な使い方と節約方法もご紹介します。

というわけで今回は、睡眠時にエアコンを直接当てるのは危険?効果的で節約方法は?と題しまして、睡眠時のエアコンの注意点と節約方法についてお話ししていきます。


睡眠時にエアコンを直接当てるとどうなる?



エアコンの風が直接身体に当たってしまうと、頭が痛くなったり、肩こりになってしまうという話を聞いたことがありませんか。

特に女性では夏場でもカーディガンを着て、肩を冷やさないようにしている人は多いですね。

エアコンの風が直接身体に当たると、風が当たった部分の体温が下がってしまいます。

体温が下がると血の巡りが悪くなり、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうことになるのです。

肩こりや肩こりからくる頭痛の起こるメカニズムについては他のところで詳しくお話ししていますので、そちらをご覧いただけると幸いです。

ここでは簡単に説明しますと、血の巡りが悪くなると、血液が運んでくれる酸素や栄養が足りなくなり、血液が運び出してくれている疲労物質が外に出せず溜まってしまうことで肩こりや頭痛が起きると考えられているのです。

さらに、エアコンの風は設定温度よりも低い温度になっています。

従って、例えば28度に設定しているなら、エアコンから出る風は28度よりもずっと低い温度になっている為、直接身体に風が当たっていると、予想以上に身体が冷えることになってしまうのです。

また、口を開けて寝ている方だと、エアコンの風によって口の中が乾燥してしまい、喉を痛めてしまうばかりか、喉に雑菌やウイルスが入り込みやすくなってしまい、風邪をひいてしまうことも考えられるのです。

つまり、エアコンの風が直接身体に当たることは、身体にとって良くないことなので、エアコンの風が直接当たらないようにすることが肝心なのです。

また、たとえエアコンの風が直接当たらないとしても、睡眠中にエアコンをつけっぱなしにしておくと、思った以上に寒くなってしまったり、電気代もバカになりません。

そこでエアコンのタイマーを使って、寝付いたころに消すと良いでしょう。

具体的なタイマーのセットについては次の項目でお話ししていきます。

POINT
直接当てることは体にとって様々な面で好ましくない。


睡眠時にエアコンのタイマーはどれくらいが理想?



近年の熱帯夜や超熱帯夜では、エアコンをつけっぱなしという方も増えているのではないでしょうか。

タイマーで切れるように設定しても、エアコンが切れた途端に暑くて目が覚めてしまい、またエアコンをつけてしまうという方もいるようです。

気密性の高いマンションでは、一度下がった室温は、それほど変化がないのですが、昔ながらの住宅で、ましてや二階ともなると、たちまち熱気で室温が上がってしまいます。

エアコンをつけっぱなしにしていると、逆に寒くて眠れないなんてこともありますし、電気代も気になるところですので、上手くタイマーを活用したいところです。

では、睡眠時にエアコンのタイマーはどれくらいが理想的なのでしょう。

タイマーの設定時間を考える上で、考慮しないといけないのは、レム睡眠・ノンレム睡眠といった睡眠リズムなのです。

レム睡眠は身体が寝ている状態ですが、脳は起きている為に目が覚めやすい状態で、一方のノンレム睡眠では身体が起きているのですが、脳は寝ている為になかなか目が覚めない状態です。

このことから、ノンレム睡眠の時にエアコンが切れるようにタイマーをセットすればエアコンが切れた途端に目が覚めることを減らすことが出来るといえそうですね。

では具体的な時間はということになりますが、



ズバリ3時間です!

人によって個人差はあるのもの、概ね就寝3時間後だと、目が覚めないノンレム睡眠に入っている時間です。

従って、エアコンが切れたとしても目が覚めにくく、次のレム睡眠に入った時には暑い室温に慣れている為、目は覚めないことが期待できるのです。

ただし、睡眠リズムには個人差がありますので、3時間後にエアコンが切れた途端に目が覚めるようでしたら、3時間30分あるいは4時間にセットすると良いでしょう。

タイマーが1時間ごとにしか設定できない場合には、就寝30分前から4時間でタイマーをセットすることで、就寝後3時間30分にタイマーを設定することができるでしょう。

ここでポイントなのですが、就寝前からエアコンをつけておくというのはもったいないようで節約になるのです。

そんなエアコンの節約方法については、次の項目でお話ししていきます。

POINT
睡眠のサイクルを理解してタイマーをセットしよう!


睡眠時の効果的な節約できる方法は?



就寝前からエアコンをつけておくと節約になるというお話をしましたが、ずっと寝室にいるならまだしも、誰もいない寝室を冷やしておくことは節約になるのでしょうか。

実はエアコンは温度を下げる時に電気をたくさん使うものの一度温度が下がってしまうとそれほど電気を使わなくなります。

ですから効率的に室温を下げることが、電気の節約に繋がるという訳なのです。

暑い部屋に入ってエアコンをつけたとき、涼しくなるまでが我慢できず、設定温度を低くしたり、急速モードなどで素早く冷やそうとしてしまいませんか?

実はこれが余計な電気を使う原因になってしまっているのです。

部屋に入る前から冷やすようにすれば、我慢する人もいないわけですから、設定温度を低くすることなく、エアコンの自動モードで効率良く快適な室温にすることができるでしょう。

また、部屋の湿度が高い場合には、同じ気温でも汗をかきやすく、ベタベタして不快に感じてしまいます。

エアコンには除湿モードがありますので、湿気をとることで温度を下げなくても快適に感じることがあります。

じめじめと湿気を感じる時には、冷房ではなく除湿モードにすることで節約することもできるでしょう。

ただし、エアコンでの除湿はある程度の温度まで室温を下げないと除湿できない為、26度くらいまでは冷房として動くことがあり、場合によっては冷房より寒いなんてこともあるので注意してください。

除湿機を置けば良いのでは?と考えてしまいますが、除湿機は室温を上昇させたり、室温によっては効果が薄れたりする為、エアコンとの併用はお勧めいたしません。

では、エアコンと併用するのにお勧めといえばやっぱり扇風機です。

サーキュレーターでも良いのですが、お手軽さや汎用性から扇風機の方がお勧めです。

扇風機とサーキュレーターの違いが分かりにくいのですが、扇風機は人に対して風を送る為のもので、サーキュレーターは空気を循環させるものとして作られています。

ですから、サーキュレーターは直線的な風で、首振りなどの機能もない場合が多く、設置する場所を考えなくてはいけません。

その点、扇風機であれば、首振りやタイマー、風量調節などの機能がついていますので、エアコンの冷気を部屋中に拡散するのにうってつけなのです。

もちろん扇風機単独でも使えますしね^^

では、具体的な扇風機とエアコンの併用方法ですが、暑い部屋の室温を効率よく快適な温度に下げる為に使います。

冷気は下に溜まりやすく、熱気は上に溜まりやすく、エアコンだけでは室温にムラが生じてしまいます。

また、たいていの場合、エアコンは部屋の上部に設置されていますので、部屋の上まで届く位に冷やさないと、エアコンが適温になったと認識できずに冷やし過ぎてしまうこともあります。
そこで扇風機の風で部屋の空気を対流させることで、室温のムラがなくせて、エアコンも適温の認識ができるようになる為、冷やし過ぎが防げて、余計な電気を使わなくて済むのです。

POINT
扇風機を部屋の空気を混ぜるような意識で使おう!


まとめ


睡眠時にエアコンを直接当てるのは危険?効果的で節約方法は?と題しまして、睡眠時のエアコンについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

睡眠時にエアコンの風が身体に当たり続けると・・・、

当たっている場所の体温が下がってしまい、血流が悪くなることで肩こりや頭痛の原因となってしまうことがあります。

また、エアコンを使うと空気が乾燥しやすい上に、口を開けて寝ていると、喉を痛めてしまう可能性もあるのです。

エアコンの風は身体に当たらないようにするだけでなく、つけっぱなしにしないで3時間を目安にタイマーをセットすると良いでしょう。

また、部屋に入る前からエアコンをつけておいたり、扇風機を併用して部屋の空気を対流させると、効率よく適温にすることができるでしょう。

しかしながら、近年の夏の暑さは本当に厳しく、熱中症の危険も高くなっています。

睡眠前に水分補給をしたり、変に我慢せずエアコンをつけて節約よりも自分の身体を第一にしてください。

私も含めてですが、年を取ると暑さに鈍感になってしまう傾向があるようですので、特に注意する必要があるでしょう!

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク