【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク


あるある体験談:NO.080
性別:女性
年齢:37歳
職業:専業主婦
体験:合わない寝具を使って体調を崩しました。


枕で首の後が圧迫されめまいや吐き気に襲われ


現在は、ニトリのポリエステル枕を使っています。

5年くらい前から首の後ろが枕で圧迫されるような違和感が出て何度も目が覚めるようになりました。

はじめは首の後ろがモヤッとする程度だったのですが、だんだんにまぶたの上まで重くなり激しいめまいと吐き気までするようになってしまいました。

そのめまいと吐き気というのがとんでもないもので、めまいからの吐き気と、目の奥や首の後ろからくる気持ち悪さで、全く動けなくなってしまいました。

少しでも顔を動かしてもめまい、視線を動かしても吐き気でトイレに行くのがやっとでした。

特に横になると吐き気がひどくなったので、横になることをやめて座って眠るようになりました。

これで少しは改善されたのは事実ですが、いつまでも座って眠るわけにもいかないので、枕を変えてみることにしました。

首の後ろが圧迫されるために、めまいと吐き気がひどくなったようなので、この点を枕を選ぶ基準としました。


寝具で体調を崩したので枕を変えてみることに


まず、家に前からあった低反発枕を試しました。

低反発なら自分の頭と首の形に合わせて沈むので、首への負担も軽くなるんじゃないかと思ったのです。

ところが、その沈み加減がかえって首にフィットしてしまい、圧迫感が強く感じてすぐに使用をやめました。

次に試したのは、これも家にあったそば殻の枕です。

これなら沈まないし少しは良いかと思い試しましたが、今度は高さがありすぎてそれが首を圧迫してしまいダメでした。

そこで、新しい枕を買うことに決めました。

東京インテリアに行ったのですが、種類がとても豊富でサンプルもあったので、実際に触って試してみることができたので良かったです。

いろいろ試した結果、低めの羽枕を買ってみることにしました。

早速、その日の夜にその枕を使ってみました。

すると、今までの枕より圧迫感はなく首の後ろも楽でした。

しかし、羽枕が柔らかいためか寝ているうちにへこんでしまい、今度は低すぎて違和感がありました。


羽根枕に一工夫しマットレスを変更すると・・・


そこで、以前テレビでもやっていましたが、バスタオルを枕の下に敷いてみることにしました。

バスタオルを二つ折りにして、やや低めにして試してみました。

すると、高さもちょうどいいしへこみも気にならなくなり、首への負担も減りめまいや吐き気もだいぶ落ち着いてきました。

でも、

まだその時は本調子ではなく、日常的に軽いめまいがあるような状態でした。

すっかり症状が良くなったのは、その後結婚をして引っ越しをしてからです。

独身の頃は、ボンネルコイルタイプのマットレスベッドに寝ていたのですが、結婚後は、スチール製のベッドに寝るようになり、それからめまいもすっかり良くなりました。

ボンネルコイルのベッドは弾力性があるので寝返りを打つたびにベッドが揺れ、それが余計にめまいを起こしやすくしていたのだと思います。

枕は、最初にあげたようにニトリのポリエステル枕を使っていますが適度に柔らかさがあり高さもちょうどいいです。

めまいと吐き気がひどかったとき、整形外科と耳鼻科にも行きましたが、レントゲンを撮っても原因はわかりませんでした。

たぶん原因は病的なものではなく、携帯電話を長時間見ることが癖になっていて、首に負担がかかり、そこに合わない寝具で寝ていたことが、ひどい状態を招いたのだと思います。

今の寝具でもだいぶ満足ですが、できればオーダーメイド枕を試してみたいです。

自分に合った世界に一つだけの枕なら、快眠間違いなしでしょうからね。

それから、スチール製のベッドは少し体が痛いので、できるなら揺れがあまりなくフィット感がありそうなポケットコイルのベッドが欲しいです。

いくら敷布団を敷いてもスチール製のベッドはゴツゴツ感があるんですよね。

枕もベッドも、お金に余裕ができたらぜひ試してみたいです。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク