【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク

あるある体験談:NO.070
性別:女性
年齢:34歳
職業:専業主婦
体験:私の安眠対策


仕事を辞めてから熟睡できなくなりました


現在使用している枕は、5年前にニトリで買った布団とセットになったお値段がお手頃の枕です。

その頃は身体を動かす仕事(福祉系)に就いていたため、毎日布団に入ったら数秒で寝ることができていたため、枕はあってもなくてもなんでもいいと思うほど、特にこだわりなどありませんでした。

それが3年ほど前に仕事を辞めてから、年齢も30代になったからか、就寝時に寝付けなかったり、夜中目が覚めてそのまま熟睡できずに朝を迎えてしまったりすることがたびたび起こるようになりました。

また、寝ていると枕が合わないせいか肩から首にかけての部分がイライラしたり、首の角度によっては呼吸がしづらかったり、体を横に向けて寝ていると、布団にあたっている方の腰骨のあたりがものすごく痛くて、目が覚めたりなどしていました。


椎間板ヘルニアの診断を受け対策を考えるように


腰骨が痛い時には反対側を向こうと寝返りをうとうとしても、動かすだけで猛烈な痛みを感じ動かせないこともありました。

他にも、寝ていてそのまま起き上がることが出来ず、人を呼んで起こしてもらって病院に行ったら椎間板ヘルニアの診断を受けてコルセット生活をしたこともあります。

腰に関しては起床時に、ヘルニアまではいかないけれど、腰の痛みを感じることはたびたびありました。

それらに対して、まず枕を変えてみてはどうか?という考えになりました。

しかし、新しい物を購入するのにも・・・、

どのような材質(中身がビーズが良いのか羽毛が良いのかなど)・形状(高い低いも含め長方形か変形型か)が自分に合っているのか?

など、わからないため仕方なく枕自体は変えずに過ごしています・・・。

低くて薄っぺらい長方形の枕ですが、仰向けに寝ている場合はそのまま使い、寝返りをうって横になる場合には寝ながら半分に折って高さを高くして使っています。

やはり、横を向いた場合に生じる肩と頭の高低差は、枕を折ることで多少軽減はされていますが、おそらく寝返りを意識しているためなかなか熟睡できていません。

その他にも、その薄い枕を家族が使っているぶ厚めの枕と交換しましたが、やはり枕が高いと仰向けの場合は特に、息苦しく起きると枕をどけて寝ていることもありました。


マットレスは沈まない硬めが落ち着くと判明


また、椎間板ヘルニアはじめ腰痛がひどかった時には、布団の下にそれまでは弾力性のあるマットレスを敷いていましたが、固めのマットレスに変えて、腰痛の頻度は少なくなり少しは改善されたかなと思います。

理由としては、身体が変に沈まなくなったためかなと考えています。

枕に関しては形状がコの字(真ん中が抜けていて両側に高さがある)の物の種類が、もっと身近に様々な種類で売られていたら新しい物を購入してみたいと思います。

ただ自分の身体に合わせたものを見つけたいのですが、オーダーメイドの枕とまでいくと高価なものなので、買った後に後悔してしまう可能性も考えると一歩ひいてしまいます。

また、抱き枕も身体に一番いい形状が、どのようなものかわからないですが、自分に合う物が簡単にわかれば使ってみたいと思っています。

安眠というわけではないのですが、角度によってはあご周辺や、首に線(しわ)を作ってしまいがちなので、それを避けつつ且つ身体に優しい、枕があったら嬉しいです。

その他にも、睡眠を改善させるためにという事を考えると、コーヒーの香りで寝つきが良くなると聞いたことがあります。

そこで、寝つけない日にコーヒーの粉末を枕元に持ってきて、ばらまいてしまったことがあるので、コーヒーの香りのする安眠グッズがあると嬉しいです。

枕カバーに関しては敏感肌にも優しいものや冬用にひんやりしないモコモコの心地良いものなどがあったらいいなと思います。

睡眠を改善するためにやってみたいことは、寝る前のストレッチや、あたたかいお湯を飲んでリラックスしてから床につくなど、簡単にできることから始めてみたいです。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク