【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



枕の中でも素材によって、洗える枕と洗えない枕があるみたいです。

ただ、

洗える枕だったら何でも洗濯機で洗ってもいいんでしょうか。

ドラム式の乾燥機で乾かしてしまえば、手軽なうえに乾かなくて枕が使えないなんてこともありませんよね。

でも洗えない枕もあるというのに、本当に乾燥機でもOKな枕ってあるの?

枕の取扱説明書には、陰干しって書いてあるけど、日陰ってジメジメしてて枕が余計に湿ってしまいそうなんだけど・・・。

それって陰干しを間違えているかもしれません(汗)

枕のお手入れって、意外に知られていないです。

これって枕は他人に見せるものではないし、素材によってお手入れ方法が違ってくるし、家の中で完結してしまうから、どうしても他の人と比べるものではないことが原因なのかもしれません。

例えば、枕ではないのですが、私の近所には、洗濯物を家の外塀に直接架けている家庭があります。

私から見ると「んっ?これって綺麗になるの!?」って思ってしまいますが、家庭内で完結してしまうことだと、その家庭独自の文化が作られてしまうというケースなのかもしれません。

目の当たりにして、驚きとある意味感動を覚えたものでした。

話が逸れましたが、枕は毎日使うものですから、正しいお手入れ方法で、より清潔に長く愛用したいものです。

そこで今回は、枕の正しい乾かし方を教えて!素材別によって乾燥機でもいいの?と題しまして、枕の乾かし方にスポットを当ててお話ししていきます。


枕の乾かし方が素材別で異なるのはなぜ?



まず枕の乾かし方の前に、枕はどのような素材で作られているのでしょう。

簡単にご紹介しますと、そばがらや羽毛といった天然素材とポリエステルやウレタン、ラテックスにプラスチックなどの合成素材があるのです。

それぞれに硬かったり柔らかかったり、低反発だったり高反発だったり、通気性があったり吸湿性があったりと、素材によって特色が異なっています。

そもそも洗えるかどうかで言えば、洗える枕というのは少数派でして、丸洗いできるというのが枕のウリになるくらいなのです。

と言いますのは、枕に使われている素材は、基本的にフワフワした感じが多いのですよね。

すると、洗ってしまうとヘタってしまったり、型崩れを起こしてしまうことも珍しくありません。

また、天然素材のものは、洗う過程で素材が崩れてしまったり、痛んでしまうものが多く、やはり洗えるものが少ないのです。

乾かすことを考えても同じようなことが言え、例えばドラム式の乾燥機で枕を乾かしたとすると、やはり中身の素材が偏ってしまったり、型崩れを起こしてしまったりするのです。

さらに、乾かすときに考えなくてはいけないのが熱です。

乾燥機を使うと、40度以上の熱が起きますので、熱によって変形したり痛んでしまう素材もあります。

例えば、枕本体についている洗濯タグに、40度・60度・80度という温度表記がある場合には、書いてある温度を超えないようにすることが必要です。

そのため、40度表記の場合には、乾燥機はもちろんのこと、天日干しでも素材が痛んだり変形してしまうのでやらない方がいいでしょう。

イメージとして・・・

プラズチックやポリエステルなどの合成素材は、熱に弱いイメージがあるかもしれませんし、羽毛などの天然素材だと熱に強いイメージがある方もいるでしょう。

ですが、髪の毛のことを考えてみると、ドライヤーを長く当てていると、乾燥して枝毛になってしまうなどの痛みが出てしまいます。

そんな髪の毛と同じように羽毛も実は熱には弱いのですよ!

先程、天日干しでも素材が痛むことがあると言いましたが、天日干しと陰干しで違ってくるのでしょうか。

次の項目では、天日干しと陰干しについてお話ししていきます。

POINT
枕の素材や性能によって乾かし方はまちまちと言える!


天日干しか陰干しどちらがいいの?



枕の素材によっては、乾かし方が違ってくるというお話をしましたが、その中でも問題となってくるのが熱です。

高温になると素材によっては変形したり、痛んでしまう可能性があり、天日干しの際にも注意が必要なのです。

天日干しとはそのまま太陽の光にさらして乾かすことで、直射日光に当てるのがポイントとなっています。

一方の陰干しとは、直射日光に当てない乾かし方のことで、直射日光に当てないのであれば室内でも陰干しとなります。

どうしても陰干しという言葉から、日陰や薄暗い所をイメージしてしまいそうですが、あくまでも直射日光を避けるのが目的ですので、室外でも室内でも構いませんし、風通しの良い場所を選んだ方が乾きも良いでしょう。

つまり、風通しが良くても問題は無いということがわかっていただけますね^^

では、直射日光が当たるかどうかで具体的に違いはあるのでしょうか。

まずは前の項目でお話ししました、天日干しは熱を持つということです。

直射日光に当たると、冬ならポカポカ、夏ならジリジリと暑いというよりも熱いくらいで、太陽の光が熱を持っていることは体感していることでしょう。

夏場のアスファルトがやけどするくらい熱くなることからも、熱に弱い素材を天日干ししてはいけないというのは分かりやすいのではないでしょうか。

一方で、熱によるメリットも当然にあり、60度を超える温度では多くの菌やダニは死んでしまうのです。

この殺菌効果は紫外線にも含まれていて、紫外線の殺菌作用はかなり強力ではあるのですが、紫外線は内部まで届かない為、枕の表面しか殺菌効果は及びません。

つまり、天日干しの効果は、夏場であれば熱による殺菌効果とダニ退治、冬場であっても表面の殺菌効果が期待できるのです。

そうなると、熱に強い素材であれば、積極的に天日干しにしたいところですよね。

また、冬場であれば熱もさほどないので、陰干ししているものであっても天日干しができるのではないかと考えたいところではないでしょうか?

ところがそううまくはいかなくて、天日干しができない素材にはもうひとつの理由である、紫外線に弱いという点があるのです。

紫外線といえば、最近ではむしろUVの方がおなじみですが、お肌の天敵でもあるUVは、枕の素材にとっても天敵だったのです。

UVを人間が受けると、日焼けをしてしまったり、場合によっては皮膚がんの原因となってしまう、なんて言われています。

人間以外の身近な例としましては、窓際に置いたぬいぐるみが色落ちしてボロボロになってしまったことはありませんか。

紫外線は殺菌効果があるのですが、強過ぎると素材を痛めてしまうというデメリットが出てしまうのです。

ちなみにですが・・・、

紫外線なのにUVって略すのって不思議じゃないですか?

ムラサキって英語でpurpleだけど、どこにもPが入っていない・・・こんな疑問って私だけでしょうか?

紫外線って英語でウルトラヴァイオレット(UltraViolet)で略してUVなんです。

紫っていうかスミレ色なんですね。

天日干しできない素材の場合には、陰干しとなりますが、洗えない素材の枕についても陰干しをすると良いでしょう。

どうしても陰干しは、天日干しに比べると、効果がないようなイメージがあります。

しかし、しっかりと風を当てて中まで乾かすことで湿気を追い出せば、湿気を好むカビや雑菌の繁殖を抑えることができます。

また、ダニは死なないにしても最低限死骸やフンを落とすことはできるでしょう。

その他にも、ヒノキなど木の素材は、急激に乾燥させると変形してしまうことがあるので、陰干しでゆっくりと乾かします。

素材の特色を考えて天日干しと陰干しを使い分けてください。

(しっかりとタグを見て判断しましょう)


POINT
天日干し・日陰干しにはそれぞれ意味があるので枕によって使い分けよう!


素材によって乾燥機を使っても大丈夫?



素材によって天日干しが出来たり、熱や紫外線に弱かったりすることをお話ししましたが、乾燥機にかけられる素材はあるのでしょうか。

乾燥機だと熱と回転で乾かしますので、熱と回転の衝撃に耐えられる素材ということになります。

熱はどのくらいかと言いますと、60度以上に耐えられる必要があり、回転の衝撃なんて大袈裟に書きましたが、型崩れや片寄る心配がない素材の必要がありそうです。

具体的にはパイプ枕やビーズ枕の一部が乾燥機OKですが、必ず目の細かい洗濯ネットに入れて、万が一中の素材が漏れても大丈夫なようにしてください。

枕についています洗濯タグに乾燥機OKかNGか書いてある枕については必ず確認してください。

また、今回OKと言っているパイプ枕やビーズ枕に関して、もしダメになってしまった場合も当サイトは一切の責任は負いませんのでご了承ください。

POINT
自分の意思で乾燥機を使っても大丈夫と思えば使おう!


まとめ


枕の正しい乾かし方を教えて!素材別によって乾燥機でもいいの?と題しまして、枕の乾かし方についてお話ししてきましたが、いかがでしたか。

枕の素材によって洗い方も違う上に乾かし方も違ってきます。

枕は毎日使うものですから、なるべく衛生面で気を付けたいところですから、正しいお手入れ法を知っておく必要があります。

寝心地や機能性で枕を選ぶのも良いですが、お手入れのしやすさというのも枕の魅力のひとつです。

丸洗い(もちろん洗濯機も乾燥機も)OKという枕も増えてきているようで、忙しい現代人には嬉しい限りです。

とはいえ、

枕は消耗品です。

正しいお手入れ方法で少しでも長く使えると良いでしょう。

それによって、あなた自身の睡眠環境にも大きく影響してくるのは間違えないのですから。

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク