【徹底探究】安眠を得られるって本当!?人気の理由は○○にあった!!
スポンサードリンク



気持ちよく晴れた日に布団を干すと、お日様の力を取り込んだみたいに布団がフワフワになって、気持ちよく眠ることができますよね。

でも、

その時枕はどうしていますか?

布団と一緒に干していますか?
それとも洗濯機で丸洗い?

枕カバーを洗っているから枕はそれで十分、と答える方もいるかもしれませんが、本当にそれでいいのでしょうか。

実は枕に使われている素材によって、お手入れ方法が違っていて、丸洗いできる枕からまったく洗えない枕まであって知ってましたか!

枕は毎日顔をつけるものですから、できるだけ清潔にしておきたいものです。

髪の毛も顔も毎日洗い、肌着だって毎日替えて、それなのに1日の3分の1も顔をつけている枕はずっと何もしていない・・・、ではやっぱりまずいですよね(汗)

そこで今回は、枕の正しい洗い方を教えて!素材別によって洗濯機でもいいの?と題しまして、枕の素材ごとのお手入れ方法についてお話ししていきます。

なお、素材ごとにお話ししていきますが、商品によっては洗えたり、洗えなかったり、あるいは手洗いだとOKだったりしますので、詳しくは枕についているタグや取扱説明書をご確認ください。


洗濯機で洗える素材とその場合の注意点を教えて!



まずは洗濯機で洗える素材とお手入れ方法についてお話ししていきます。

洗濯機で洗えるということで、洗える枕ということをウリにしている商品もあるくらい、丸洗いができるというのは清潔に感じますし、お手軽に感じます。

そんな洗える素材はパイプ枕が代表です。

また、一部のポリエステル綿枕やビーズ枕なども洗濯機で洗えるものがありますので、枕についているタグを確認してみてください。

ただし、

ポリエステル綿の枕は、タグに洗濯機OKとあっても手洗いした方が無難かもしれません。

なぜかというと、ポリエステル綿の枕を洗濯機で洗うと、水流で棉が偏ってしまって、元に戻らなくなることがあるからです。

そんな感じで、洗濯機で洗えるからと言って、洋服と同じ感覚で洗濯機にかけてしまうと、思わぬ失敗をするかもしれませんので、注意点もお話ししておきます。

まず一番の注意点は、中身が飛び出さないように、枕の破れやファスナーの締まりを確認し目の細かい洗濯ネットに入れてください。

万が一、ビーズ枕の中身が洗濯機の中にぶちまけられようものなら大惨事ですから・・・。

それから丸洗いできますと書いてあっても、手洗いコースなど水流の弱い設定で洗うようにした方がいいでしょう。

柔軟剤は使う必要がありませんし、最近よくある香の強い洗剤などは、顔を付けることを考えたら、使わない方がいいでしょう。

(価値観もありますが一晩中嗅ぐことになると結構しんどくなる人が多いようです(汗))


洗濯後は天日干しで、何度か裏返してしっかり中まで乾かしてください。

ビーズやパイプ枕の場合は、中の素材が動く程度に軽く枕を振って、乾き具合にムラがでないよう注意してください。

POINT
洗濯OKでもなるべく繊細に扱うという姿勢がいいでしょう!


洗濯機を使わずに手洗いの素材とその場合の注意点を教えて!



次は、洗濯機では洗えないけれど、手洗いはできる素材についてお話ししていきます。

手洗いができる素材としては、ポリエステル綿、ビーズ、それから一部の羽根枕です。

基本的に羽根枕は洗えないのですが、手洗いのできるダウンジャケットがあるように、手洗いのできる羽根枕もありますから、枕についている洗濯タグを確認してみてください。

それでは、手洗いの方法ですが、枕がスッポリ入る大きさのタライに中性洗剤を溶かしたぬるま湯を張り、その中に枕を沈めます。

枕が大きいなどの理由で枕が入るタライがない場合には、小さいタライでもいいのですが、周りがビショビショに濡れてしまいますので、お風呂場で洗ってください。

次に枕が吸い込んだぬるま湯を押し出すように、手で枕をゆっくりと押してください。

汚れ具合にもよりますが、10回ほど押し洗いをしましたら、タライの水を新しく変えて、同じように押してすすぎを行います。

すすぎが終わったら洗濯機で脱水をかけますが、型崩れや痛みを考えると短い時間で複数回の脱水を行う方が良いでしょう。

もちろん、脱水機にかけてはいけない素材もありますので必ず事前に確認してください。

ポリエステル綿などでは、脱水機にかけると型崩れしてしまう可能性がありますので、水気を切って干すようにしてください。

脱水後は天日干しを行いますが、やはり数回裏返して、中までムラなく乾かすようにするのがポイントです。

注意点としましては、脱水のところでも書きましたが、ポリエステル綿は型崩れすると戻らなくなることがありますので、押し洗いの時には一方向からだけにして水切りの際にも絞ったりすることのないよう気を付けてください。

もうひとつ注意点としまして、洗える羽根枕だとしても、乾かすときには天日干しではなく陰干しにしてください。

さらに羽根枕は乾きにくく、完全に乾くまで2・3日かかりますので、その間は代わりの枕を用意する必要があります。

手洗いは少し手間がかかりますが、押し洗いした時に、おどろくほど水が黒くなることも!

今までこれで寝ていたのかとゾッとする反面、きれいになったという達成感も味わうことができるかもしれませんね^^

POINT
型崩れをしないように意識しながら扱うことが大事!


洗濯機や手洗いできない枕はあるの?



洗濯機や手洗いで洗える枕のお話をしてきましたが、どちらの方法でも洗えない枕というのはあるのでしょうか。

いきなり結論ですが、



実はあります!

というよりも、前にもお話ししましたように、洗えることがウリになるくらいなので、洗えない枕の方が多いのです。

洗えない枕の代表としましてはそばがら枕が挙げられます。

そばがら枕は、天然素材で通気性・吸湿性に優れるのですが、洗うとそばがらが崩れてボロボロになってしまいます。

低反発枕でおなじみのウレタンも洗えないものがほとんどで、水に浸けると変形してしまう可能性があります。

さらに、羽根枕も洗えない枕の方が多いでしょう。

では洗えない枕のお手入れは、どうしたらいいのでしょう。

枕カバーや枕用の敷きパッドを利用して、なるべく汚れないようにしていても、カバーやパッドを外した時に、汚れが枕本体まで染み込んでいることはよくあります。

そのため、そのままではダニやカビが発生するかもしれませんので洗えなくてもお手入れは必要です。

お手入れ方法としましては、まずは固く絞ったタオルなどで表面の汚れを拭き取ります。

それから天日干し、あるいは陰干しをしてください。

干す要領は、洗える枕と同様で、何回か裏返すと効果的です。

干す時の注意としましては、天日干しにするか陰干しにするかがありまして、そばがら枕では天日干しができますが、羽根枕や低反発枕は陰干しにしてください。

天日干しすることで雑菌を減らしたり、ダニを防いだり、風を通してホコリを落としたりと、いわゆる布団を干すのと同じ効果が得られるのです。

一方、羽根枕は天日干しすると枕の中が高温になり、羽毛が傷んでしまいますので陰干しがこの好ましいと言えるでしょう。

感覚的には、髪の毛がドライヤーを使いすぎると傷んでしまうのと同じようなものですね。

さらに、低反発枕の中身であるウレタンは、高温では変形してしまうことがある為、天日干しをすると枕の寿命を短くしてしまうことになりかねないのです。

なお、天日干しができない素材については、風を通し、ホコリを落とすことができますので、陰干しでも意味がないわけではありません。

POINT
実は洗濯出来ない枕というのは結構あり対策が必要!


まとめ


枕の正しい洗い方を教えて!素材別によって洗濯機でもいいの?と題しまして、枕のお手入れ方法についてお話してきましたがいかがだったでしょうか。

枕の素材によって洗える・洗えないがありお手入れ方法が違っています。

(厳密には素材だけとは一概に言えないのでタグを必ず見ましょう!)


正しいお手入れをすることで、枕を清潔に保つことができますし、大切に使うことで長く使うことができるようになります。

とはいうものの、素材によってはヘタってきたり、買ったばかりのときよりも形が変わってしまうのは仕方のないことではあります。

特に洗えないタイプのものは2・3年程度で買い替えを検討しなければならないでしょう。

それでも自分に合った枕を少しでも長く使うためにも、正しいお手入れをしてください。

今回は、洗い方に関して紹介してきましたがあくまでも自己責任の元行うようにしてください。

当サイトでは一切の責任は負いかねますのでご了承ください。

ただ、枕はやっぱり毎日顔を数時間つけるモノですから清潔にありたいですね!

【最近話題】安眠を得られる枕とは!?ヒミツは4つの特徴にあった!!
スポンサードリンク